新着Pick
364Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の経営者の中で圧倒的な結果を残した新貝さん。お人柄が本当に素晴らしい方で、とにかくディテールに詳しく感銘を受けます。工学/科学のバックグラウンドも持っていらっしゃって、JT時代の創薬ベンチャー支援の際にもそうだったんだろうなと想像しますが、しっかりと中身の議論も付き合ってくださるのでサイエンス系スタートアップとしては本当にありがたい存在かと思います。こういった方が志しで日本のスタートアップを支えてくださるのは素晴らしいですよね〜!
大企業とスタートアップ問題に斬り込んで話をされていて共感をえました。データやAIに関わるわれわれにはよくある問題です。責任者の方が対等にみてくれているかどうかが重要になってきます。大企業にいて、海外のスタートアップとの取り組みを経験された方だからこそのコメントではないかと感じました。

‘’あるAIスタートアップが大企業から、「検収基準に満たないものはお金を支払わないし、開発したアルゴリズムはすべて提供せよ」と要求されたことがありました。‘’
稲盛さんがいかれた当時のJALは「エリート意識とプライドだけの会社」だったそうですが、日本の大企業もそうなりつつあるのではと危惧します。上から目線でいい協働ができるわけないという指摘はもっともだと思いました。
元JT副社長の新貝さんにお話しを聞く機会をいただきました。スタートアップやベンチャーキャピタルの社外取締役をされていると恥ずかしながら知りませんでした。

新貝さんといえば、JTの数々の歴史に残るM&Aをした方という印象だったため、ちょっと意外にも思え、その疑問をそのままぶつけていくと、これまでのマインドセットやスキルも実はスタートアップとの関わりが原体験としてあった。

記事には載せられなかった話も含めて、今回の取材を通じて、新貝さんが企業という存在、時代をどう捉えられているか、そして何よりもスタートアップが好きなことがわかりました。

このような経験豊富な方がスタートアップに携わってくださることはとても頼もしい。

大企業とスタートアップのコラボレーションが双方にとって良い面があることに共感しているので、この記事がそのきっかけのひとつになれば嬉しいです。
グレーヘア、と呼ばれる言葉がある。黒髪と白髪が混じってグレー、様々な経験を経てサポートする人のことを指す。新貝氏はまさにそうだと思うし、本記事だけでなく著書のJTのM&Aなどにも詳しいが、JTは海外企業やスタートアップへの買収・投資を通じて自社を変えた。
今スタートアップが盛り上がっているから入る、そういう一種バブル的な勢いで世の中が変わるのも事実なので、そういう方の存在は否定しない。でも昔からど真ん中ではなく、その中間で両方の観点から見られていた方が関わり、重層的なエコシステムになっていくことは、とても重要だと思う。
逆に、伝統的企業でも、若手の意見や経営経験を登用するという観点では、スタートアップの経営者を社外取締役に登用していくなどの動きもあってほしいと感じる。

記事の、契約書に関しての事例などが端的だと思う。どれだけ契約書に触れてきたか、大企業で見てきたからこそ相場観が分かるから、これは公正ではないのではないかと反論できる。またその際に、一種大企業で地位も名誉もある方が発言をすることの重みがある。フェアになっていくからこそ、お互いに良い点を活用して、産業や国全体としての成長につながると思う。
記事末尾の「紫人財」が、すべてのレイヤーで、スタートアップでも大企業でも増えてほしいと思う。
素晴らしい方ですね。前職時代に一度お話を伺いましたが、スタートアップに尽力されてからはお話しする機会がまだありません。スタートアップは若者だけのものではなく、社会全体のもの、すなわち社会インフラ。色々な価値観や経験を取り入れていくのは必然、時に敢えて取り入れない選別も必要だが。
日本でも、世界でも、リーダーとして活躍されてこられた新貝さんが、若者とスタートアップを支援することにパッションを持っておられること、本当に素敵です!新貝さんのJTでのご経験は、グローバル、ベンチャー、企業変革、M&A、ガバナンス等々 多岐にわたっていて、心より尊敬するリーダーです。新貝さんは、戦略思考も対話力も驚異的! 
海外で、リーダーに会いに行くと必ず How Can I Help You? と尋ねられますが、日本では、一度もその経験が有りません。日本でも、若者とベンチャーの無限の可能性が開花するスペースを創れるリーダーが増えるとよいですね。
興味深いお話でした。紫人材になれるよう精進したいと思います。

以下、抜粋
紫人材の条件は、大企業で実績があり、頭脳資本に対するリスペクトもある人。そうした人であれば、双方をwin-winにできると思います。
好きなことを語っていて楽しそうなインタビューなのでなんだかこちらも読んでて嬉しい気分になりますね。大企業ではいわゆる勝ち馬乗りみたいな人がプライドだけ高く本質的な実務をしない、という傾向があるなかで、それでも内部には情熱をもって変革をさせたい、と願い、後ろ指差されながらも行動している人たちもいます。私は多くのそういう人たちとメタバースのオープンイノベーションに関する仕事をしていますが、本当に尊敬します。彼ら彼女らの挑戦が周辺から予算食い虫のような見え方がしないように啓蒙・保護し、評価されるような社内のシステムを作っていくことができれば、日本の大企業は輝きを取り戻し、世界と戦っていけると思います。
小さなスタートアップは大企業など、先輩の力を借りて大きくなることが多いです。
大企業側に属しながらスタートアップが目指すようなまだ一握りしか信じていないことを一緒に信じ、推進してくれる、まさに新貝さんのような方に出会えるかどうかでまるでイノベーションのスピードが変わると感じます。
この連載について
スタートアップの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
日本たばこ産業株式会社(にほんたばこさんぎょう、英語: JAPAN TOBACCO INC.、略称: JT)は、日本におけるたばこの製造販売並びに医薬品、食品及び飲料水の製造販売を行っている会社である。日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき財務省所管の特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立された。また、TOPIX Core30を構成する銘柄の一つでもある。 ウィキペディア
時価総額
4.65 兆円

業績