新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もし、2022年の秋まで新車購入を待てるなら、その方が好みの色や仕様を選べ、納車もかなり自由度が効くだろう。所詮、納車に相当時間がかかるのだから。更に、交渉次第では「お値引き」も相当に期待できる。待てば待つほど新車実売価格は安くなっていくだろう。自動車メーカーには申し訳ないが、現在、その分儲けていることも事実。
メーカー関係者に話を聞くと、10月以降の下期に回復生産、挽回生産を予定しているため、上期に公休をかなり使った結果、下期は公休が少なく、クルマを作れないと残業代は発生しなくても、固定費としての人件費のコスト負担が増すと言います。

上半期決算発表が月末から来月初めに始まりますが、下期の生産見通し次第では、通期の業績見込みが下振れする可能性が高まってきました。
日本では、新車価格があがるということはありませんが、米国では、「新車にプレミアムが上乗せになる」ことと、「中古車市場が高騰する」ことが発生していますよね。

日本でも、TeslaのModel3を新車で購入しようとすると10週間以上の納期がかかるので、新車価格が460万円程度なのに、モノがある中古車の価格が600万円など…高騰しています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自動車ディーラーで雑談していたら「いま申し込みいただいても納車は2-3月なので、買うなら早めが良いと思います!」と言われて、半導体不足の深刻な状況を感じることができた。Teslaはほぼ影響なさそう。
以前から人気車種は数ヶ月の納車待ちというのは当たり前でしたが、半導体不足などで納期がかなり延びているようです。
ーー
トヨタ系列店関係者によると、半年前までは小型車「ヤリス」を注文すると1~2カ月後に納車されたが、9月下旬時点では約5カ月待ちになった。半年前まで2~3カ月で納車されたスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ハリアー」も6カ月程度まで延びたという。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
33.7 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.79 兆円

業績