新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
朝鮮中央通信によれば、国防科学院は11日と12日に新型長距離巡航ミサイルの発射試験を行い、楕円および8字形飛行軌道に沿って7580秒飛行し、1500キロ先の標的に命中したとのことです。
逆算すると時速773キロの亜音速巡航ミサイルです。

既にこの巡航ミサイルの映像が発表されていますが、5連装キャニスタから発射されるトマホークに似た過去ない形状のもので、今年初めの第8回労働党大会で北朝鮮が開発中と公式発表した新型の中長距離巡航ミサイルに間違いないものと思われます。

北朝鮮が対地型の巡航ミサイルを運用するのは初めてのことですが、もし発表通りのコースを通って1500キロ先の目標に命中させたのであれば、北朝鮮の誘導技術や機体制御技術は相当のレベルまで達していることになり、日本の主要なターゲットを巡航ミサイルによって高い精度で爆撃することが可能ということになります。

又これでロシア、中国、台湾、韓国に続き日本の周辺の主要国は全て日本にまで届く巡航ミサイルを保有することとなり、ミサイル防衛体制や現在日本でも開発が進められている島嶼防衛用の巡航ミサイル開発にも影響を与えそうです。
北朝鮮としては、米国さらに韓国や中国ですらアフガニスタンに関心を寄せている中、存在感を示しておきたい。また安保理決議違反として各国が強く非難してきた弾道ミサイルではなく、巡航ミサイル発射であれば米韓日や国際社会がどう反応するか、試したいという狙いもあるだろう。

トランプは中長距離の弾道ミサイルは非難したが、日本が射程に入る短距離弾道ミサイルや巡航ミサイル発射は問題にしないとの発言を続けた。バイデン政権は今年3月の短距離弾道ミサイル発射では明確に安保理決議違反として厳しく非難したが、その数日前の巡航ミサイル発射は「いつものことだ」と大きく構えていた。安保理決議は弾道ミサイル「技術」を使用したいかなる発射も禁じているので、本来は今回の発射も安保理決議違反となるはず。

建国73周年を祝う9日(木)夜のパレードは控えめにしつつ、微妙な巡航ミサイル発射で揺さぶりをかけてきた。3月のように、このあと弾道ミサイルを打ってくる可能性はある。しかし本音は、医療も食料事情も厳しいので国際社会に関心を持ってほしい、ワクチンほしい、というところかもしれない。
前回、北朝鮮が巡航ミサイルを発射したのは今年の3月21日。短距離の巡航ミサイルだったが、このときも韓国軍は「情報収集能力が明らかになる可能性などから、北朝鮮の巡航ミサイルについては常に公表しているわけではない」と説明した。今回も同様、韓国は情報をキャッチした手段が明らかになるので沈黙したのだろう。そのうち米韓の説明があることだろう。3月は米政府高官が「巡航ミサイルの発射なので弾道ミサイル発射を禁じた決定に違反しているわけではない」とコメントした。1500キロの巡航ミサイルとなると米政府高官はどう反応するか?
巡航ミサイルは通常弾頭、核弾頭の両方を搭載することができる。弾道を描くことなく低空、低速で侵入してくるので弾道ミサイルよりは迎撃しやすいけれど、すべてを迎撃できるわけではない。北朝鮮は中国とロシアの技術を活用した巡航ミサイルを開発しているのだろう。その技術の進歩は著しい。朝鮮半島の軍事境界線から日本までは1300キロだから、射程が1500キロなら北朝鮮は巡航ミサイルで日本を攻撃することができることになる。日本の安全保障にとっては懸念すべき話だ。
巡行ミサイルだと探知が難しくなるので、日本のミサイル防衛も見直しが必要になってくる。恐らくは在日米軍基地を念頭に置いたものだろうが、米国が何とかしてくれるという甘い発想を捨て、敵基地攻撃能力の検討を含め、日本自らが正面を向いて対応すべきだろう。
久しぶりの北朝鮮のミサイル発射。これまでは新型コロナ対策でやっていなかったともみられるが、もうコロナの脅威は収まったということなんだろうか。ワクチン接種は全く進んでいないようだけど…。
核の小型化に成功したと伝えられる北朝鮮が日本を射程に入れる巡航ミサイルを完成させて、抑止力の強化に成功したと誇っているようですが、”専守防衛”の日本の対北朝鮮の抑止力は更に下がったということでしょうか・・・ 米国が世界の警察官を降りつつあるように見えるいま、脅かされれば引き下がるしかない立場になりつつあるように感じて不安です(@@;
この2日間、アメリカや韓国が気付かなかったのか気になります。労働新聞に掲載された移動発射台の角度から、ある程度の射程がわかるはずですが、巡航ミサイルなので、2時間の飛行をどう制御し、国内のどの空域を飛んだのかなど、まだわからない点があります。
今日の韓国の日程では、文在寅大統領がオーストラリアの外相国防相との面会、その後韓豪2+2、東京では日韓米の高官の会合で北朝鮮対応が協議される予定です。
最近おとなしくなったのかと思ったらそんなことはないのですね。
北朝鮮は東京オリンピックに参加できないほど、コロナの抑え込みに失敗していたと思います。
こんなことをしていて大丈夫なのでしょうか。
以前の話だと、北朝鮮が長距離ミサイルを持ってもGPSがないので目標に正確に誘導できない、という話でしたよね。
この巡行ミサイルはどうなんでしょう。