【洋服の青山】外勤ワーカー向けプロジェクト誕生秘話

2021/9/15
ビジネスウェア3.0を定義する」というミッションを掲げ、さまざまな取り組みを行っている共創コミュニティ「シン・シゴト服ラボ」。NewsPicksユーザーの中から、活動内容への関心が高いメンバーが集まって誕生しました。
コミュニティメンバーは、洋服の青山などビジネスウェア専門店を運営する青山商事と一緒に、働き方が激変する時代の中での新しいビジネスウェアのあり方について議論を交わし、商品やサービスを一緒に開発(共創)することを目指しています。
業界も職種もバラバラのコミュニティメンバーたちが協力し、ディスカッションやリサーチ、仮説検証を繰り返した結果「リモートワーカー向けの商品開発」と「外勤・オフィスワーカー向けのサービス提供」の2つのプロジェクトが誕生。本記事ではそのプロジェクトの一つである「外勤・オフィスワーカー向けのサービス提供」についてご紹介します。

外勤ワーカーの声を取り入れながら生まれた2つのコンセプトルーム

プロジェクトメンバーが最初に取り組んだのは、外勤ワーカーが抱える課題の洗い出し。コミュニティメンバーをはじめ、リアル外勤ワーカーの方々から意見を集めました。 「外出先で適切なコワーキングスペースが見つからない...」「車での移動中に、スーツにシワがよる...」など。そして、列挙した課題の解決に向けて「洋服の青山」の店舗を活用してできることはないのか、知恵を出し合いました。
隔週オンラインで行われている企画会議
挙がった解決策を「すぐに実装し、その効果を検証できそう」から「現状難しいので更なる検討が必要」まで段階分けし、まず最初に取り組むべきアクションについて検討。その結果「洋服の青山 水道橋店」併設のコワーキング&シェアオフィス「BeSmart」の2つのブースを、外勤ワーカーが求める形に作り変えることから始めることに。
さらに各ブースに必要な機能やデザインを議論する中で2つのコンセプトルームが生まれました。
ここで生まれたコンセプトルームは、まだ実証実験の段階。その有効性を、引き続きコミュニティメンバーで協力しながら検証し、将来的には洋服の青山の他店舗への導入を目指しています

4名+100名超でプロジェクトを進行

隔週で「企画会議」を開催し、そこで下記メンバーを中心に議論しながらプロジェクトを進行。企画会議はコミュニティメンバーであれば誰でもリアルタイム視聴でき、チャットを通じて提案が可能。多いときには総員20名を超える企画会議も。

【プロジェクトマネージャーの思い】自分の仕事を捉え直すきっかけになった

「店舗活用プロジェクト」プロジェクトマネージャーの馬司利治さん(青山商事)に、プロジェクト運営に対する思いを伺いました。
馬司 利治(Toshiharu Bashi)
青山商事 総合企画部副部長・リブランディング推進室室長補佐
1973年4月26日生まれ。大学卒業後、1997年青山商事に新卒入社。カジュアル事業部に配属され、2年間店舗勤務を経験。その後カジュアル事業部内にて商品管理担当を経て、約5年間販促担当としてチラシ・雑誌制作に従事。洋服の青山店舗で勤務後、さらに総務部へ異動。現在はリブランディング推進室にて室長補佐を務めながら、「シン・シゴト服ラボ」店舗活用プロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当する。
-プロジェクトマネージャーとしてのやりがいを教えてください。
まず第一に、実際に外勤ワーカーのコミュニティメンバーの方々と一緒に、本当に世の中が求める新しいサービスについて考えられることです。世の中の「不」の解決に向けて行動できている実感があり、ワクワクします。また、個人的には、社外の人たちとの議論を通して、これまでとは全く違う考え方を吸収できることもやりがいです。
私は新卒で青山商事のグループ会社に入社し、以来20年以上自社の考え方をベースに仕事をしてきました。社内で成果を出し、認められることはやりがいがあった一方で、語弊を恐れずに言えば「青山として仕事をする」感覚に知らず知らずのうちに染まっていきました。
青山の枠を外れ、新しいチャレンジを提案することも何度かありましたが、なかなか会社を動かすまでには至らず、いつしか「自分がズレているのかもしれない」と考えるように。
それが共創コミュニティ「シン・シゴト服ラボ」に関わるなかで、考え方が変わりました。「ズレている」と思っていたことは、コミュニティメンバーからすると「当たり前」で、その上で自分がこれまで思いつかなかった意見がどんどん出てきます。PRのプロ、 採用のプロ、組織改革のプロなど幅広い専門領域を持つコミュニティメンバーのおかげで世界が広がりました。
特にメンバーと議論を重ねるなかで、これまで漠然と抱いていた「青山が世の中に提供する価値」についての解釈がアップデートされました。「洋服の青山は服を売る会社」という固定概念がなくなり、青山創業当初の「働く人のために働く」という想いに立ち返り、その上で自分の仕事を捉え直せるようになったのです。仕事に対する見方が変わり、コミュニティ運営以外の仕事でも、新しい取り組みを始めています。
-今後の展望を教えてください。
店舗活用プロジェクトを進め、全国にある洋服の青山店舗に導入するサービスを生み出したいと思っています。そのために、まずはプロジェクトメンバーで考えたアイデアを実証実験し、実際に導入できる形へ磨いていきたいです。
組織体が大きいだけに、何かを大きく変えることにはパワーもコストもかかります。それでも諦めずに取り組み続け、まずはコミュニティメンバーと一緒に、新しい取り組みの有用性を実証したいです。

コンセプトルーム実装までのロードマップ

ビジネスパーソンの課題解決に一緒に取り組む、コミュニティメンバーを募集

シン・シゴト服ラボでは、今後も「ビジネスウェア3.0を定義する」というミッションに向けて、さまざまなプロジェクトに取り組んで参ります。活動内容は服に留まらず、仕事環境そのものも「装い」と捉え、これからの社会に求められる新しいあり方の探求を続けていきます
ビジネスウェアについて課題を感じている人はもちろん、日本型の古い慣習に疑問を感じる、仕事のパフォーマンスをもっと向上させたい、などビジネスに関する課題意識をお持ちの方も、ぜひご参加ください。企業や業界の枠を超えた挑戦を、私たちと一緒にはじめてみませんか?
コミュニティについて、さらに詳しく知りたい方はこちらへアクセスください。
編集:山尾 真実子(シン・シゴト服ラボ編集長・青山商事)
共同編集・執筆:種石 光(NewsPicks Creations)
カメラマン:西田 優太
デザイン:武田 英志(hooop)