新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
川端プロのご指名をいただきました。

東京ビッグサイトの五輪放送センターで、アリババクラウドのメディア向け発表会があったのですが、私も参加し、この熱中症対策システムを見てきました。

ハードウェアそのものは欧州のスタートアップが開発したものとのこと。耳から体温を測るだけではなく、基礎体温を事前に測って入力することで、熱中症の予兆をいち早く見つけたいとのこと。新国立競技場のスタッフに1000台あまりを配布するとのことでした。

この熱中症対策システムはアリババの新プロダクトというよりも、「スポンサーとして五輪に貢献するには、話題作りするにはどうすれば?」というところからつっこんだものだと思います。

というのも、メインは東京五輪の放送すべてをアリババクラウドのデータセンター、CDNを通じて世界に配信するというものです。現時点で障害報告などのニュースを見ていない時点で「アリババすげぇ」なんですが、「なにも問題がなくてすごい」だとニュースにならないので……。
「中国の電子商取引最大手、アリババ・グループが開発したハイテクシステムを導入。」だそうです。どのようなデバイスなのか気になるところです(高口プロ、是非、深掘りを・・・)
別にアリババから借りなくてもNSSOLさんなんかが何年も前から実用化してなかったですかね。点灯した場合の加速度からの異常検知も含めて。
高口さんのコメントのインサイトがすばらしすぎます!

Alibabaの、こういった考え方は、ある意味では、GAFA的だとも言えると思います。

(以下、高口さんのコメントから引用)
この熱中症対策システムはアリババの新プロダクトというよりも、「スポンサーとして五輪に貢献するには、話題作りするにはどうすれば?」というところからつっこんだものだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Premiumを無料で体験
登録・ログイン