新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ファイザーは、新型コロナウイルスワクチンについて、2021年12月期の売上高見通しを、260億ドルから335億ドルに上方修正しました。
人気 Picker
これまでの報道を総合すると、ファイザー社製ワクチンの1回あたりの単価は約3000円くらいではないかと考えていましたが、今回の企業発表の数字から割り戻すと単価は約1762円であり、予想していたよりもやや安いという印象です。今年5月の企業発表では、2.8兆円の売り上げ見通しのところ、短期間での大幅な上方修正になります。

ファイザー社のワクチン影響なしの2019年12月期では、ファイザー社の売り上げは約5.5兆円でしたので、大幅な売り上げの積み増しですが、世界の何百社もの企業がワクチン開発のために、各社とも数十億円~1000億円を超える開発費を投じたなか、ファイザー社をはじめ、ごく一部の企業だけが(少なくとも短期的な)成果を得られているのが実情であり、世界を救うほどの貢献をしたファイザー社のワクチン売り上げが「当年度3.7兆円」であることに特別な違和感はありません。

もともと、製薬企業のビジネスは投機的な色彩が濃いところ、また日本のような支払い側の圧力の強い国では長期的に厳しい経営環境にあると予想されています。コロナ禍で得られたケース・スタディーからみても、自由市場においては「研究開発の自由度が高く、医薬品の価格がある程度自由に付けられる国への研究開発機能の移転」を考える企業が増えることが予想されます。
本来は2回打つところを3回とか言い始めてますからね。

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン