新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何というか、出席すら憚られるのか…。

世論を考慮してのこととはいえ、大会が行われることになったのであれば、前向きにこの会をとらえたいし、スポンサー企業の限られた特権として、開会式に出ることくらい許容したいなと。
誰もめぼしい人が来ないので、欠席表明した方がかえってPRヴァリューがある感じですかね…
イギリスのアン王女も、台湾のオードリーも、「出席しない(でも応援してるね)」表明の賢明さでますます株を上げた感があります。

今のこのムードだと、出席者は誰だ?! となって出席している奴が悪の一味、というイメージになりかねません。
まだまだ同じようなケースが出てきそうですね…
こんなオリンピックになるなんて、東京オリンピックが決まった時に誰が想像できたでしょうか。

どんな物事も何があるか最後までわからないという、分かりやすいケーススタディだと思います。
なんかもう。。。ただただ残念です
これをカムイ伝風に言えば「銀札崩れ」ならぬ、「トヨタ崩れ」という。もう雪崩をうってこのオリンピックからスポンサーが逃げ出す。、次の次のオリンピックに立候補する都市がなくなり、バッハの鉄面皮も崩れる。
トヨタにしろ、パナソニックにしろ企業がリスク管理として、東京五輪と距離を置く判断をするのは、企業のジャッジメントであり、批判できない。しかし、そのことは五輪のような祭典さえ、企業スポンサーは、自社の利益のために参加しているという当たり前の現実を示している。
いま選手たちの「気にしない」スキルが試されてる気がする。

各スポンサーのお偉いさんの出席はできずとも、
お天道様は選手や関係者を応援している。

きっと松下幸之助だってリモートで参加してくれる!
スポンサーになる意義として広告効果は当然のことながら、CSR活動と考える企業も多いようです。オリンピックをサポートして社会に貢献することを目的するならば、企業側がCSR側面からブランドイメージや顧客好感度を向上するという目的を考慮した結果、開会式見送りを検討(判断)するのは必然的なことかもしれません。

(参考)
ワールドワイドオリンピックパートナーの日本企業は3社。ゴールドパートナー・オフィシャルパートナー・オフィシャルサポーターは日本開催が故に、日本企業が大半を占めます。
オリンピックスポンサー一覧:https://olympics.com/tokyo-2020/ja/organising-committee/marketing/sponsors/
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.0 兆円

業績

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.40 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン