新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
個人的には、組織体制ではなく、カルチャーの話なので、部を作って止められるとはとても思えません。むしろ、まず社内で一罰百戒な試みを繰り返すことで「何が良くて、何が悪いのか」「何は許されないのか」を共有していくしかないのではと思います。
人気 Picker
ノーチェックなのは論外ですが、普段発注側として慣れていないとこうなるんですね。ITも同じ構図。発注側のリテラシーの問題です。
どれだけチェックしても仕切れないのがタレントです。仮に小山田圭吾が公開して語っていなくても、被害者側からの訴えがあれば1発で辞任になっていたはず。もしくは文春砲でもアウトです。文春の編集長のデスクには「有名になったら公開する証拠の品々」が眠っていると言いますし。
絶対に炎上したくないならアニメキャラクターやAIとのコラボで行くしかない。
これだけの大役なのに事前にチェックしてなかったorチェックして分からなかったことが驚きですね
本文とは関係無いですが、個人的には重要だと思うのであえて申し上げると、「ブラック著名人」「ブラック企業」という名称は使用するべきではないと思います。昨年からのアメリカを中心としたBLM運動の高まりのなか、世界の注目を集める、人権重視を謳ったイベントであるオリンピックに関する話題であることに鑑みると、このタイトルもマイノリティへの配慮の低さを表していると感じます。

「黒歴史」などの古くから使われる日本語はもちろん問題無いですが、「ブラック」というカタカナ英語をあえて使って、新しい言葉を作り出し、「悪い」という意味で使用することに違和感を感じないのは、想像力に欠けるのではないでしょうか。
今回は事前チェックというよりも事後の対応が惨かった。組織委員会に当事者意識が欠けているのが酷い。リスクマネジメント以前の問題だろう。
今回の騒動は置いておいても十分にあり得る話。
組織を作れば解決という訳にはいかないとも思うけど。
往々にして現場が強い組織は管理部門の警鐘を蔑ろにしがちですからね、、、
気をつけよう。




なんで今回の騒動を置いておきたいかというと、、、
わたしほぼ「その世代」で、件の人の音楽も当時よく聞いてたしその雑誌も(毎号ではないにせよ)読んでたんですけど、そんな記事が昔載ってたってこの騒動まで知らなかったんですよね、、、(検索したら出てくるだろうけどそもそも検索しないし)
数十年前だったらこういう話を、しかも笑?爆笑?って載せてよい時代だったかって、そうじゃないです、、、
そういう訳で、今更ながら色々な意味でとてもショックを受けてしまいました。
被害者の方は今立ち直っておられるのだろうか(なんつって動向を追わないでほしいけど。ほんとに)

ただの所感ですみません
老婆心ながら

記事を読んでからコメントされた方がよろしいかと
小山田圭吾氏本人については採用されていたのだし、このタイミングで辞任させるほどのことでも無かったというのが個人的な意見です。ただ記事にあるように組織委側の人選プロセスにら明らかに不備があったでしょうね。叩くならそっち。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン