新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この話を聞いて本当かな?とまず思った。というのは、GlobalFoundriesのプロセスはIntelよりも微細化が進んでいないからだ。Intelにとってのメリットは何か。ファウンドリビジネスを広げることかもしれないが、プロセスが全然違う。GFはFD-SOIと呼ばれる技術を使い、バルクのFinFET技術使うIntelとは異なる。当然、PDK
(プロセス開発キット)も作り直しだ。

ただ、GFから見ると、半導体に全く興味を示さなかった前トランプ政権がアルバニーのR&Dセンターをめちゃくちゃにして、ドイツのドレスデンに拠点を移したという経緯がある。政権交代によってアルバニーの近くのマルタに本社を移し、米国でのビジネスに再び力を注ぐ意図を明らかにしたが、連邦政府はGFを信用するだろうか?

そこに来てIntelがGFを買うというニュースだ。加えて、Intelの新CEOはTSMCに対する連邦政府のインセンティブに反対しているというニュースもある。Intel、GF、そして連邦政府の力関係がどうなるのか、今の段階では何とも言えないが、intelと政府との関係は今のところ良好であり、IntelのGF買収話しには政府が絡んでいることは確実だろう。
グローバルファウンドリーズは、元々インテルのライバルAMDが苦境にあった際に、ファブレスが沢山出てきて最早差別化は製造技術には無いという水平分業の流れで切り出した経緯。

その後、AMDは世界最先端のプロセス技術と生産体制を持つTSMCと組んで一気にシェアを伸ばし、自社技術と生産に拘って最先端の量産に苦戦したインテルが今やGF買収を検討とは。半導体業界、諸行無常感がすごい。

インテルもAMDも大事なパートナーなので、安定供給に向けた動きは歓迎。
WSJ原文(日本語版だが)は下記。まだ交渉中だが、個人的にはプラマイあると思う。ただマイナスが多そう。
https://on.wsj.com/3wJKL1J

マイナスは、Intelの経営資源分配と、GFの競争力。
IntelはTSMCやSamsungと比較して微細化に遅れている。個人的に気にしているのは、何nmなのかという部分より、まだEUV(一番新しい製造装置)を使って量産できていないこと。使いこなせるようになるにはTSMCやSamsungなども一定時間がかかり、まだそこに行けていない。
ここの遅れが、昨年来Intelが大規模にファンドリーを使う検討の背景だった。結局、新CEOのゲルシンガー氏がその方向ではなくIDM 2.0と銘打って、ファンドリーではなく自社でやる方針を3月に発表(①、②)。ただ最近になってTSMCを活用するかもという報道が出ていて(③)、このブレが気になっている。
そしてGFはファンドリー業界で大手だが、TSMCには圧倒的に差をつけられているし、Samsungに対しても同様だろう。

プラスは、Intelもファンドリービジネスをやろうとしてきたり多少やっていると思うが、実質的に成功していない。その営業チャネルなど含めて、一定GFは持っているはず。あとはIntelはそうは言いながら儲かっているので、GFの投資余力が一気に増える。
でも、結局は経営として何にフォーカスするかが一番だと思う。その意味で、経営の論点をいろいろ広げたり、またそれがトップの競争力の企業ではないという部分は、個人的にはマイナスの方が大きいのではないかと感じる。

https://newspicks.com/news/5709452
https://newspicks.com/news/5740329
https://newspicks.com/news/5985273
インテルにとって(細かいバリュエーションの検証は別にして)合理性は低そう。米政府の意向があるのではないかと推察します。
IDM2.0で、ファウンドリサービスもやるなら、必要だろう。世界は、どんどん、上位に集約される。
これも、昨日書いた「just in timeからjust in case」への流れの一環かと想像します。今年2月の記事によると、GFは半導体製造で世界5位、市場シェアは7%となっています。(source: Counterpoints Research via semiwiki.com)アメリカおよびインテルの自国での半導体調達能力強化という流れの一環かな、と。
インテルがファウンドリ事業を本格的に始めるのであれば、顧客基盤を引き継ぎ、需要のあるFD-SOIのプロセスも手に入る、かつ自社のプロセスラインナップとあまり競合しない、ということでメリットありそうと感じました。
7nmの開発を無期延期してから新たなニュースは無いので、7nm以下の最先端プロセスではなく、14/16nmや28nmの先端プロセスの製造拡大、GFの持つ特許などが買収の理由になるのかな。
最近はAppleやAMDなどのファブレスが流行っていますが、Intelは垂直統合を進めていくんですかね。地政学的にはTSMCに集中するリスクもあるので良いとは思いますが。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
24.6 兆円

業績

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン