新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当局は極力市場を驚かせたくないと考え、現在の米国の経済環境下でも「急いで引き締めなくても良い理由」を探す訳で、それが「スラックが大きいのでインフレにならない」⇒「インフレは一時的and/or労働市場の回復が不十分」という防衛線に移ってきている、という状況と思います。

とはいえ、前年比で5%超のインフレ率は、(ハイテク財のように技術革新によって統計上の価格が上がりにくいモノも相当あることを踏まえれば、)米国人の生活実感としてはかなりのだろうと思いますし、そういうお話も良く聞きます。この中でイエレンさんが、「極めて注意深く見ている」(”we need to be very attentive to what’s happening with inflation, developments. We are watching them closely”)、「1か月でおさまる性質のものではない」("we will have several more months of rapid inflation so I’m not saying that this is a one month phenomenon.")等おっしゃっているのは、それなりに現在の状況を踏まえて、バランスを取ろうとしておられるように拝察しました。
住宅ローンのデフォルトリスクは低いが、「手頃な価格の物件」が少ないのでその供給を増やすというのは、言うは易く行うは難しといわざるをえない政策目標。
米国は日本と比べて中古住宅市場の流動性が高いのが特徴で、そのために新築住宅の過剰供給が起こりにくい。それが住宅価値の安定化に繋がっていることを理解する必要がある。しかも、中古住宅価格は市場で決まっているので、これを動かすために特定セグメントの新築住宅を過剰に供給する政策は、金融政策としてはもっともらしいが、米国の住宅政策としてはその価格形成に歪みを生みかねない愚策言うべきかもしれない。
イエレン氏は学者としてはテーパリングの必要性を半ば感じつつも政治家としては市場への配慮を必要とされているのでしょう
FRB議長の最終盤を思い出しているかもしれませんね
「イエレン氏は、低金利と旺盛な需要に支えられた米国の住宅価格上昇について、十分信用力のある人に融資が行われているため、2008年の住宅価格急落時のようなリスクはないと説明した。」
一時報じられていた原材料の高騰などは気になりますが、コロナからの回復がここにも表れていますね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
188 兆円

業績