新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルがApple Payで後払いをスタートするようです。BNPLと呼ばれる後払いで、コロナパンデミック以降世界で急伸しています。

BNPLとはBuy Now, Pay Later(いま買って、支払いはあとで)の略称。世界で流行っているのは、Pay in 4(4回の分割払い)やPay in 3(3回の分割払い)です。この場合、消費者に手数料や金利はかかりません。

この記事に出てくるAffirmの後払いサービスは、3カ月、6カ月、12カ月の後払い方式が主流。毎月の返済となり、消費者に金利がかかる場合が多い。

詳しくは以下をご覧ください。Q&A方式で詳しく解説しています。
https://www.ncblibrary.com/posts/52849
クレカの分割払いと基本的仕組みは変わらないが、8週間で4回均等払いであれば金利ゼロで実質的に事業者がファンディングコスト負担。数カ月間かけて分割返済する場合はクレカ同様に金利負担発生。

短期払いを無料にして利便性を浸透させた上で、購買意欲が活発な階層の収入を上回る消費行動から生じる金利収入と決済手数料で稼ぐモデルか。
やや雑学的ネタですが、アメリカでApple Payを申し込むと無料でクレジットカードが作れます。年会費無料で。

Apple Card
https://www.apple.com/apple-card/

マスターカード一択ですが、イシュアラーがゴールドマンサックス。
珍しくてカッコいい。そしてデザインもかっこいい。

アメリカ国内に口座がないと作れないので多少ハードルありますが。

あ、Apple製品のポイント還元率が通常より高いことがメインのインセンティブです。(ゴールドマンサックスカードが珍しくてかっこいいんですがw)
BNPL=Buy Now Pay Laterがアツいですね。日本でもNPやpaidyがユーザー、加盟店を増やすとともに大型のファイナンスを成功させるなど盛り上がっています。

BNPLの世界的大手の1社クラーナのお膝元であるスウェーデンではeコマースで一番使われる決済手段になっているほか、ドイツでも2番目になるなど広がっています。

コロナ禍で一気に広がったうえ、フィデリティグループのworldpayが公表しているThe global payment report2021によると、2024年までに市場規模が2倍に拡大するとされています。

一方、若者が中心になって使っているほか、簡単な審査で手軽に使えることから後々多重債務に苦しむユーザーが出てきている事情もあり、イギリスなどでは金融当局が規制をかけようとする動きもあったりします。

買い物するときは気分も盛り上がっていいけど、あとでパニックが来ることから、海外ではBNPL=Buy Now "Panic" Laterと揶揄する報道も見かけるようになりました。
分割払いが可能になることで、アップルペイの利用は拡大しそうです
「このサービスは内部では「アップルペイ・レイター」として知られ、分割払いに必要なローンの貸し手としてゴールドマン・サックス・グループと組む予定」「新サービスはアップルカードとは無関係で、同カードを使う必要もない」
借金を、借金と感じさせないサービスが、金融業としては儲かる。借りない人が借りてくれるから。古くは、奨学金。ここ数年では、給与の前払いとか。
もし日本でサービスを始めることがあれば、そのときはパートナーとなる金融系はどこになるのか興味深々です。
BNPLは参入障壁が小さいですね。
もう激戦ですね。

この前上場したアファームは10%下落してます。
Apple Cardが日本でもスタートするのを気長に待ってます!
>クレジットカード「アップルカード」のパートナーとなっているが、新サービスはアップルカードとは無関係で、同カードを使う必要もないという。

これは意外。Apple Cardの新メニューだと思っていたため。なお、同Cardは「訳の分からない手数料の取り方をしない」ことをコンセプトにしており、極めてユーザフレンドリー(例: あと払い分を増やしすぎると、赤い画面に変わり「最終的に返す額はX月までにXXドルまで膨れ上がりますよー」と注意喚起してくれる)

このBNPLサービスもおそらく同様。「あと払いで気づいたら金利まみれ」というアコギな儲け方をしている他のノンバンクとは似て非なる。

> 目からウロコの「Apple Card」を1カ月使ってみた。先行ユーザーが語る「クレカを再定義」とは何か|BUSINESS INSIDER https://www.businessinsider.jp/post-198482
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
261 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン