新着Pick

東大生が解説!考えるのが「下手な人」のムダ時間

東洋経済オンライン
『考える人』という芸術作品があります。1902年にオーギュスト・ロダンによって作成された彫刻で、「椅子に腰かけながら肘をついている人」の彫像と言えば皆さんにもイメージが湧くのではないでしょうか?この『考…
302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社でも、グローバルで共通でTHINKと掲げており、考えることの大切さを唱えていますが、ただ考えると言っても、どのように考えるかですよね。

目的も無しに考えるというのは、結局考えていないと一緒になってしまいます。よくありがちは、考えているプロセス中だけに満足してしまっていることです。

現状を把握して、考えた結果として自身はどの状態に持っていきたいのか、自分はどの状態になれば満足なのか、を正しくセットして考えたいですね。
「思考のゴールをつねに意識する」
なるほど。確かに大事ですね。ゴールセッティングが曖昧だといくら考えても答えが見つからないと。。確かに。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン