新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人口減に端を発する経済縮小の日本において「生き残り」という視点になりがちですが、宅配は現在成長期にある産業。

経営理論的には基本的に淘汰(勝ち残り)ではなく、更なるプレイヤー参入が起こるフェーズですね。

新規参入組は既存のルールで戦うと現行プレーヤーになかなか勝てません。そこでイノベーションによるディスラプトが起こるのです。


業界のディスラプトが何によってもたらされるか。
生き残りをトピックとするのであれば論点はそこでしょう。


業界のアキレス腱は配送コスト云々ではなく、人材確保。
配送量増が続くと当然ドライバー需要は高まります。
アメリカも既に同領域にて同じ課題が起こっています。

つまり業界内に留まらず、日本全体での人材争奪戦です。

そのブレイクスルーとして一番可能性の高いものは自動運転。
ドライバーレスです。
世界の宅配における競争の中心もここにあります。


管理人のいる集合住宅などは、無人トラックで入り口までいき、そこからマンションの宅配スペースにマンションサイドが行うなどの新たな宅配スタイルも生まれるハズ。
実際にアメリカではこの構想が出てきていますし、既存のデリバリーサービスはだいぶこれに近づいて来ています。

中国やシンガポールなどアジア圏は、日本に近いラストワンマイルがかなり手厚いような、欧米とは別のアプローチが取られていますね。


「生き残り」を狭い業界既存プレーヤー内で論じると、なんとなくしりすぼみな議論になってしまいがちですが、きちんとビジネス潮流を理解すると「参入チャンス」な時期です。

世界ではこの領域のスタートアップやそこへの投資資金の流入は加速中。

この事態を「チャンス」と捉えるようなマインドセット、正しい分析眼作り、などから始めるのが日本の社会全体の課題かもしれません。

思考やメディア論調のベースに、どこか既存産業を守る保守性が透けて見えます。

どれだけ市場ができても、今の風潮だと日本はその果実を取ることはなかなか難しいかもしれないなと、本記事を読んで感じました。
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.14 兆円

業績

株式会社ヤマトは、群馬県前橋市に本社を置く建設会社である。理研コンツェルン(理研グループ)の流れを汲む。 ウィキペディア
時価総額
215 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン