新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
倉原先生の記事。
ワクチンの供給不足は、一時英国でもみられました。
その間隔に関する出典を解説されています。
いつもタイミングのよい記事で助かります。

そういえば昨日のNEJMで、中国製の不活化ワクチンのデータで、すこし興味深い報告がありました。

チリの1020万人の参加者を対象とした新型コロナの不活化ワクチンの2回接種により、感染を65.9%、入院87.5%、ICU90.3%、死亡86.3%を低下させたという結果ながら、『1回接種だと』接種していない群よりも有効性が低かったというものです。
1回接種のみで行動がゆるんでしまうためではないかと考察されていました。

▷Jara A, et al. Effectiveness of an Inactivated SARS-CoV-2 Vaccine in Chile. New England Journal of Medicine 2021.
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2107715

これはmRNAワクチンより有効性がひくいと考えられる不活化ワクチンのデータですが、2回目接種まで慎重な行動をしておいたほうがよいとも言えるかもしれません。
私はワクチンパスポートのために打ってるところもあるので、その判断も気になります。
6週間以内じゃないと認められない、など。

また既感染者は1回の接種で、未感染者の2回接種と同じ抗体量という話もあるので、ワクチンの回数よりも抗体量の検査でも同じように認められると良いなと思います。
(2回目接種の副反応が怖いというのが1番大きいのですが、、、)
今日二回目でーす
2回終えないと、デルタ株などには有効性が低いという記事もあったので、供給不足で2回目ができない人は、かなり心配だと思います。私は自治体の接種は早めに諦めて、大規模会場で2日目に接種して、2回目を4週間後に接種できたので、幸運?でした。職域の状況が遅れていることなど供給に関する情報がはっきりしないことが不安をさらに高めていると思います。政府関係者の話も全体の状況がわかっているのか、?と思うこともよくあります。信用がどんどん低下していると思います。
メモメモ。マスコミさんは何故こういう記事を書いてくれないんだろうか。
これは参考になる記事ですね