新着Pick
438Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごい熱量のインタビューでした。

もちろん、ラーセンさんがXRP Ledgerの始まりに関わったことを考えると、ポジション的に差し引かないといけない部分はあるにせよ、ビットコインの絶対的核心である「PoW」を実際にどうやったら移行できるのかへの考察は大変興味深かったです。

また、今はリップルでの業務よりも、気候変動へのコミットが強いこともあって、PoWの問題を石油メジャーへの「ダイベストメント」など、機関投資家の流れとともに冷静に分析されているところもなるほどと思わされましたし、確かにブラックロックなどのESGへの徹底ぶりを見ているとこの流れは避けられないと思わされます。

いずれにせよ、サトシナカモトが10年以上も前に作り上げたビットコインの核心が、今もこれだけ世界を揺るがしていることが驚異的ですし、今後どう変わっていくのか、いかないのか、目が離せません。
ビットコインのマイニングの4分の3は中国で行われています。ビットコインの「脱炭素化」というのであれば、それは中国で行われているマイニングを変えていくということでなければ、実効性のある話ではありません。
 中国のマイニングはもはや巨大産業で、中国の電力供給に支障が出かねないくらい膨大な電力を消費しています。ビットコインのマイニングは、中国の地下経済に莫大なシノギをもたらしました。
 この状況は中国の中央政府が望んだことではないですが、地方政府は間違いなく相当な幹部が多数取り込まれています。水力発電による電力が豊富な地域、特に四川省などで盛んですから、結構「脱炭素」ではあるかもしれません。
 中国人のマイニング産業は、今や一帯一路に広く展開しています。東南アジア諸国では、電力のかなりの部分がこういった中国系マイニング・シンジケートによって消費されています。
 たとえば、ミャンマーでは今もかなり大規模な水力発電用のダムの建設が進められていますが、これはミャンマー国民の利益のためなどではなく、国軍とシンジケートが組んでいて、安全にマイニングができる聖域をつくるためです。
 盛んにマイニングが行われている国の1つにイランがあります。これは、米国の経済制裁で、他に外貨を得る手段があまり無いためです。中国系マイニング・シンジケートは、イランとも組むかもしれません。
 中国系マイニング・シンジケートはビットコインを足がかりに主に中小規模の国に進出しています。「エルサルバドルで法定通貨に」云々といった話も、要はこういうシンジケートが中南米の小規模な国の経済に支配的な力を得つつあるという話です。なお、こういうシンジケートは、別にマイニングだけやっているわけではなく、麻薬や人身売買などの数あるシノギの一部に過ぎません。

電力豊富な中国四川省雅安、仮想通貨採掘を徹底取り締まり-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-18/QUW85BT0AFB401
価値が変動しているし、エネルギー消費するのはマイニング時だけではないが、シニョレッジみたいに単位価値あたりのエネルギーコストを計算してみると面白いかも。通貨のデジタル化は、リアル通貨のコストなども論点になるし、環境コストも通貨に限らず経済活動コストの論点として大きく広がっている。
ビットコインの時価総額がざっくり75兆円で、記事の年間のエネルギー需要がベースケースで150TWh(年間)。つまり2Wh/円。現在の時価総額は過去のマイニングの結果だし、また新規のBTCの獲得のためのマイニングだけでなく、トランザクションの際の書き込みや、これまでのトランザクションをずっと記録しておくための電力も必要。なので不正確ではあるが、厳密というよりざっくりという趣旨。
東電の電気料金では、ざっくり1kWhあたり20円(家庭用・産業用とか季節とかいろいろあるが…)、1Whあたり0.02円。大体電子レンジを1時間つかうと1kWhくらい。紙幣の印刷も神ベースのCO2排出量と、それをエネルギー換算をなんかの前提を置けば出来そうに思うが、力尽きた…
https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/chargelist02.html

まぁ、下記の言葉が端的だし、EVが環境に良いといいながら、元々BTC推奨していて、ある日いきなりTweetでPoWの消費エネルギーが問題だ!と言われてもなんだかなぁとしか思わない(3月に下記でコメントした点)…
『冷静に考えると、テスラがせっかく削減したCO2の排出量は、PoWが排出する量の10分の1程度でしかない。』
https://newspicks.com/news/5701933
ラーソンさんは『ビットコインは再エネ導入を促進するという主張は、もはや「グリーンウォッシュ」だ』と断じています。暗号資産の当初の志を忘れた人が多い、というのが印象的でした。

人は一旦富を得ると、その富を追いつづける。暗号資産の暗部を、暗号資産のリーダーが語ったユニークなレポートです。
「さらば、マイニング」なんて言われたら読まないわけにはいかない。どういうこと?って

「既存の金融システムの問題を克服し、世界を先導していくはずの産業が、文字通り「炭鉱(マイン)」になっていいはずがない。」
もう、めちゃくちゃ正論
暗号通貨の仕組みや、気候対策の重要性を再認識できる良記事ですね。
ビットコインが中央集権的になっているというのは皮肉な話。
膨大なエネルギーを食い尽くさないこと、デジタルねずみ講にならないことの2つが大事ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
時価総額
93.4 兆円

業績