新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
五輪は多くの競技の「生命装置」として働いている——。五輪を中心としたスポーツ界の巨大なエコシステムを解説した記事です。選手と一口に言っても、競技種目によって五輪出場の意義が全く違うことがよくわかります。私自身、中島さん、黒田さんと一緒に2回の五輪特集を取材して初めて学んだことでした。

パンデミック下の五輪という「ギャンブル」で間違いなく勝つのは誰か。その答えを知りたい方はぜひご一読を。

そしてやはり思うのは、そのエコシステムの一員ではない日本政府や東京都は、IOCとは別の論理で、五輪開催の理由・意義を語る必要があるということです。そうでなければ、昨日の記事で紹介したような医療面、経済面の大きなリスクを押し切ってまで開催することに、幅広い理解は得られません。

もちろん、開催する以上は、リスク評価とその対策を丁寧に説明する必要もあります。

言うまでもなく、政府や都には国民の命や健康、生活を守るという義務があり、ギャンブルに「負けた」とき、それらを失うのは国民なのですから。
様々な利権渦巻く世界なのだろうけど、スポーツ振興はこれからのAI、ロボット化の時代に人類にとっては必要不可欠な「時間つぶし」のキラーコンテンツ。五輪を利用して弾みをつけるべきと思う。
オリンピックは複雑怪奇なイベントです。ネットの記事を断片的に読んでいるだけでは全貌を掴みにくく、ミスリード、間違った情報も少なくない。せめてIOCがどのように考えているか、そこにスポーツ界がどう紐づいているかを整理しました。本特集が理解と議論の材料になれば幸いです。原稿でも書きましたが、開幕を前に求められるのは首相、都知事の真摯な意思表明。
開催は現実的です。アスリートの皆さんは出来る限りの準備をしてほしいし、ようやく戦えることをよかったな、と思います。

一方でやっぱり、開催のリスクもまた現実的です。しっかりとどうすればできるか、納得をしてもらい説明をする必要があると思います。
まず私は全く関心がありません.現時点でオリンピックに反対している人も現実の競技を見ればやってよかったに心変わりすることになるでしょう.前の東京オリンピックも三島由紀夫などはオリンピック前は反対だったが,事後はやってよかったに変わった.とくに今回は日本のメダルラッシュになるので,やっぱりやってよかったになるのでしょう.チャンチャン.
オリンピックの収益が多くのマイナースポーツ団体の活動原資になっているという事実はしっかりと認識すべきです。
一方で開催都市は、経済効果とのバーターでバランスが成り立っているため、今回のようなパンデミック下では利益が相反してしまうという構造的課題なんだと改めて思います。
スポーツの国際大会が世界中で開催されています。そこではコロナウィルスのミキシング・ベッセルが起きているのでしょうか。それを制御できている大会では、どんなコロナ対策をとっているのでしょう。思惑ではなく、具体的な統計数字に基づいた対策が求められているように思います。
ジャマイカの選手が、「俺は金持ちになるために五輪に出るんだ」と本音を言っていて清々しかった。それでいいんじゃない。それのどこが悪いの?
「ギャンブル五輪」っていうタイトル、誰がつけたんでしょうか。品のないタイトルです。まだギリギリ多数を占めている開催反対の人たちのPVを期待したのかも知れませんがそんな下衆な狙いが透けて見えるようです。NP編集部はこういうことはしないと思っていたのですが残念です。ガッカリです。
良い記事ですね。フェンシング太田選手の招致時の頑張りとかメダル獲得時の扱いとかは記憶に残ってる人も多いだろうしなあ。
この連載について
五輪開幕まで約40日。感染収束が見えない中、IOCや政府、東京都は変わらず開催に向けて突き進むが、反対の声も根強く、世論は二分している。開催は吉か凶か。まるで「ギャンブル」の様相を呈してきた東京五輪のリスクと、アスリートらの複雑な思いに迫った。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン