新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中長期的ビジョンよりも「経営理念のもとでブレることなく、その局面ごとに最も適した施策を考えて対応していくことが大切」は1つの考えと思います。ニッチプレーヤーとして生き残るためには、戦略やビジョンよりもその時々のチャンスを最大限に生かすこと、そのためにトップから現場従業員までが新しいことに取り組む姿勢が大事になってくるでしょう。
人気 Picker
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第7回(最終回)です。
---
■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活
■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える
■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増
■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣
■第5回 「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に
■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任
■第7回 次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む
---
今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。

老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。

近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
主婦業も介護も社業も全てが糧になるということ、まさにおっしゃる通りだと思います。長いキャリアにおいて一日一日過ごしたことは決して無駄ではなく、色々な通り道をしても、全ては後のキャリアにまた新しい視点となって大事な糧になっているということですね。
長いキャリアを常に全速力だけで駆け抜けることはなかなか難しいと思いますが、ある時は全速力、ある時はゆっくりとなっても、結果的にはスローなときでも一歩一歩ずつ進められるといいですね。
日本の未来に希望が湧く面白い連載でした。名前の由来が明かされなかったので調べてみました。

「(元)親会社であるダイエーの企業理念「良い品をどんどん安く」のどんどんを取ったもの。 しかし、「どんどん(DONDON)」は商標登録されていたため、ドムドムハンバーガー(DOMDOM)となった。」

さらになぜ象のマーク?と思ったのでそれも調べちゃいました。

「マークのゾウは「どむぞうくん」というマスコットキャラクターで、「象のように親しみやすく」という意味を込めて誕生した。」
浅草花やしきまわりでの飲食店の充実はユーザーとして朗報。
街並みにも合っているような。
「DOMDOM in 六本木」もまたやってほしいものです。
学びが沢山ありました。ありがとうございます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。