新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
店舗オペレーションの効率化・簡素化やガイドライン化は、一見地味ですが、業績を確実に上げる重要な要素の一つです。意外とオペレーションが店舗によりバラバラな企業多いのも事実。

お客様に見えないバックヤードがいかに整理され綺麗かで、その店舗の力量がおおよそわかります。店舗側が悪いわけではなく、オフィス側(本社)が、しっかりとしたガイドラインを作り、効果的に徹底されているかスーパーバイズする事が大切。そして、ガイドライン作成には、一番大切な現場である店舗の声を反映することも大事ですね。ひとつひとつのコツコツとした積み上げで、劇的に進化出来ると痛感します。
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第5回です。
---
■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活
■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える
■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増
■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣
■第5回 「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に
■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任
■第7回 次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む
---
今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。

老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。

近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
藤﨑さんはじめ活躍する人の背後には必ずその人を「見出した人」がいると思うのですが、そうした人のことにはなかなか脚光が当たらないなあと考えてしまいました。
お店の常連さんから商品開発を依頼されて入社につながっていたとはびっくりです。

人を見る目があったこの専務もチャンスを与えてくれたレンブラントホールディングスもなかなかイカしてますね。

飲食店を始めていなければこの出会いはなかったわけですから、行動が運を呼ぶ良い例だとも思いました。
これ。

>何よりそのような状況を放置していたことが事業縮小をもたらした要因の一つだったのではないか。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン