新着Pick
395Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2009年新型インフルエンザパンデミックのときも、ワクチンの供給が限られる中で、誰に優先接種するか、というのは大きな議論になり、かなりもめました。

各々のウイルスの性質にもよりますが、基本的には、
① 職種ということであれば、感染リスクが高く、かつ、人々の生活に不可欠である職種から
(当時は、Ⅰ:感染拡大防止・被害の最小化に資する業種・職種、Ⅱ:国民の生命・健康・安全・安心に関わる職種、Ⅲ:国民の最低限の生活の維持に関わる職種、と順位付けされましたが、今見ると、必ずしも妥当な順位付けと思えない職種も入っていますね。http://202.214.194.148/jp/seisaku/ful/syakai/dai1/siryou4-1.pdf

②その方自身の生命安全を守る、という観点からは、高齢者や基礎疾患のある方から、
ということになります。


現在、新型コロナウイルスのワクチンについては、医療従事者、高齢者、という順番で来ていますから、その次は、基礎疾患のある方、そして、職種でいえば、高齢者施設等の福祉、保育・教育現場など集団と密に接する方々、治安や交通等のライフラインの維持に不可欠の方々、と考えるのが妥当であり、国民の理解も得やすいと思います。

「夜の街」のように、単に「クラスターが発生した場所かどうか」というのは、また違った観点になります。その職業の方々の生活の維持、という点からいうと、現在、休業・時短要請がかかっていたり、新型コロナの影響を受ける業種は、このほかにも多岐にわたりますので、この案では、合理的な説明がつきにくいだろうと思います。

ワクチン接種が迅速適切に進められていけば、こうした問題も一挙に解決するのですが・・・
人気 Picker
いわゆる「夜の街」は感染拡大の端緒になるクラスターが発生しやすいなど、過去の経験、データから分かっているところがあるので、局所的に優先して対応していくこと自体は良いアイデア。

全国一斉接種もそうだが、実利的な意味のない「公平性」は、政治が説明責任を逃れるためのレトリックになってしまっているところがある。非合理でも公平性を担保したといえば批判を防げるかもしれないが、結果がなかなか出ないのでは意味がない。

ロジックで説明を尽くす覚悟を持って合理的な政策判断をしてもらった方が国民の命と経済のために良い結果につながると考える。
6月末までに1億回分、9月末までに更に7000千万回分、計1億7000万回分ある供給に対し、医療従事者480万人、高齢者3600万人、併せて4080万人全員に2回ずつ打って8160万本ですから、8840万回、4420万人分は他に回せる勘定です。それをどのような優先順位で打つかということですね (@@。
変異株が出ているとはいえ壮年以下の年齢層の死亡率は極めて低いですから、接種で守るべき人の順番を考えるより、感染を広めるリスクの高い順に接種する方が、万人の命を守る上でたぶん効果は高いでしょう。「夜の街」も一つの職場で、しかも勤めている人も客も感染リスクが高いことを斟酌すれば、どのみち職場ごとの接種を進めるなら、優先的に接種する職場の一つとするのは極めて合理的な判断です。
でもねぇ・・・ 私の居住地域の接種場所は今も常に満杯で、高齢者の予約すら容易には取れない状況です。そうしたなかで“不要不急”と見做す人が多いだろう夜の街の優先接種を是とする人がどれほどいるものか。多くの国民はたぶん不信と不満を抱くんじゃないのかな (・・?
他の制限を解除したのち「夜の街」だけ営業禁止とすることはたぶん難しい。国民の多くから批判を浴びるだろう政治的コストを払って政府と自治体が敢えて合理性を優先するなら、打ち手不足を増幅することがない限り、釈然としないものの受け入れざるを得ないところであるように思います。 (^^;
「夜の街」関係者に集団接種。政治と「夜の街」の特別の関係があるからこの発想。医療従事者、幼稚園、保育園を含む先生たち全員に接種が完了してからにしてほしい。
「夜の街」関係者に集団接種をしたら安心して夜の街に行く人が増える、そうすると行く人たちの中で感染がまた広がる可能性もあると思いますけどね。医療従事者や教育関係者を除き、特定の関係者を対象にするという動きよりは、全国民に1日でも早くワクチン接種を行うという基本の対策に力を入れて頂きたいです。
早いワクチン接種を希望している人を中心に、歓楽街関係の職を希望する人が増えるかもしれませんね。
ただ、そうした人たちはワクチン接種完了したらすぐ辞めそうですが。
この記事内容自体に賛否両論あるのは当然なんですが、なんですが。
あれだけ昨年、指し示したいことと、人々のイメージすることに乖離がある、範囲が広すぎるから悪影響が広範囲に及ぶと指摘したのに、されたのに、まだ『夜の街』とか使うのは信じられない。。ちなみにあれだけ数多くの業態があるのに、いまだに飲食店3文字にひとくくりにするのも、いい加減やめてほしい。最低でも、接待付きが否かぐらいは常にわけるべき(特に接待付き飲食店でのクラスター発生時など)
いいアイデア。接種すべきなのは、感染すると重症、死亡しやすい人、感染してる人と接する可能性の高いひと、その人が倒れると混乱が起きる可能性が高い人、もし感染すると他の人にうつす可能性の高い人、これくらいかな。とすると、クラスターが発生しやすいところ、老人ホームや飲み屋、居酒屋、クラブなどで働く人やそういうところによく行く人は真っ先に接種すべきだし、一時期メディアが批判しまくってた自治体の首長も、厚生労働省や保健所の職員も真っ先にやるべき。
町長や市長が接種したのを大喜びで叩いてた新聞テレビは、ホントに馬鹿だと思った。
夜の飲食店で働く人たちを堂々と差別する発言があることに驚愕する。スクショしとこう。
あれだけ政府や首長が目の敵にする飲食店は、そこが感染源だと考えているから(それも誤解だけど)でしょ?であれば…そこから先にワクチン打っていくのは真っ当で合理的。何を反対する必要あるわけ?
現実的で非常に良い