新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パナソニックはこれまで、「事業活動におけるGHG排出量を2030年までに30%削減(2013年度比)、2050年までに排出ゼロ」としていました。従来の目標からかなり前倒しとなります。

ただし、2030年にCO2ゼロ工場を実現することは既に意識されており、2021年度目標では、グローバル5地域で1工場以上、CO2ゼロモデル工場を実現することが目標となっています。ただしその後9年間で世界に無数に散らばる生産工場でCO2ゼロを実現することがいかに困難か、想像に難くないでしょう。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/eco/co2.html

なお、パナソニックには「使うエネルギー」と「創るエネルギー」という独自の削減貢献の考え方があります。「使うエネルギーは」事業活動と製品が使用される際のエネルギー量を合計したもの、「創るエネルギー」は太陽光発電や燃料電池による創出発電量、および車載電池や定置用蓄電池の使用量から計算されています。

同社サステナビリティ・データブックによると、2019年度時点で「使う:創る」が9:1の割合。今後、「使うエネルギー」の低減はもちろんのこと「創るエネルギー」の向上も必要なことから、これからは製品自体の省エネ化を図る、といったレベルではなく、「脱炭素に貢献しない製品は作らない」といった風に、事業の方向性も変わってくるのではないかと想像します。
日系企業として非常に積極的にCO2排出ゼロを推し進めている。
やはりこのような姿勢が非常に必要であり、企業イメージの向上になる。
パナソニックの楠見CEOが会見で2030年までにCO2排出量を実質ゼロにする目標を表明。10年以内にCO2排出量を実質ゼロにするというのは高い目標のように感じます。
進捗が期末決算などで公表されると良いですね!
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.20 兆円

業績