新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エビデンスのない感染対策を推進するための議員連盟ですか、にわかに信じられません。

これだけでなく、科学的に必要な感染対策以上に規制をしたり(先日の中川石会長の件も、感染対策的には問題はなかったのかもしれませんが、これまで発信してきた方針がそもそも科学的に本当に必要な感染対策に則っておらず、国民にやるなと言っていたことをやっていたから問題になっているのです。)

一方で、世界中から有効性と安全性のエビデンスがでているHPVワクチンを積極的に勧奨していないとか、

本当に、エビデンスに基づいた政策をして頂きたいと強く願います。

有効だという教授もいる、と言っていますが、
「専門家の意見」というのはエビデンスレベルでいうと下層の部類です。
そもそも教授や専門家でもみな多少意見が異なりますよね。

せっかく専門家会議など設けているのですから、科学的エビデンスレベルの高い事実に基づいて、有効かつ、やりすぎでない、必要十分な感染対策となるよう分かりやすい発信をして頂きたいです。
「空間除菌」をうたっている消毒商品はほとんどのケースで根拠がありません。次亜塩素酸などの消毒液は物の表面の消毒には使用することができますが、空間噴霧としての使用は効果がないどころか有害になる可能性があります。例えば、次亜塩素酸などの化学物質を多量に噴霧した結果、化学物質の吸引により重症の肺炎をきたしたケースも報告されています。真っ当な専門家に聞けばすぐに間違いだと気づく案件に50名もの議員が参加していることが衝撃的です。
われわれメディアもそうですが、フェイクというウイルスに感染しないよう万全を期すべきです。とりわけ政治家は、その影響力が甚大です。トランプ大統領の登場以来、世界の政治家が平気な顔でフェイクを振り回すようになっています。気をつけていただきたい。吉村知事の「イソジン効果」もそうでしたが、落ち着いて検証すれば防げるものです。そのうち「選挙が盗まれた」と日本の政治家も言い出すのではないか、と私は恐れています。
拙ピッカーは繰り返し「空間除菌」は、人体に害が無いレベルで「意味がない」ことを繰り返し主張してきました。1年経っても、まだその啓発が足りていないことにがっくりきます……。逆の意味で「フェイスマスク」「マウスシールド」はCOVID-19予防に役に立つとは言えません。こちらも、まだ浸透していないですね……。
ネット上でも情弱向け商品と揶揄されてるものを担ぐ国会議員がいるとは嘆かわしい。このご時世、国会議員には最低限の科学リテラシーと数的処理能力のテストを義務付けてもらいたい
「空間除菌」云々はあくまで例示であって、効果的な除菌方法をもっとトライして欲しいという趣旨であれば賛成です。

歌舞伎座を開けて映画館を閉鎖するという訳のわからない自粛要請を繰り返すより、専門家と称する人たちはもっと知恵を絞って欲しいと思います。

簡易で有効な方法が一つでも発見できれば、閉店を余儀なくされている飲食店も助かります。
空間除菌というのが首から下げる謎のお守りのことなのか、それとも新紫外線によるウイスルの不活化のことなのか、その程度の考察力もメディアにはない😏

UV-Cによる上方空間除菌は、換気を良くする一つの対策としてCDCも推奨してる😏
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/community/ventilation/uvgi.html
科学の進歩は日進月歩であり、空間除菌についても現在科学的な見地で以下のような研究開発が進行中であることも含めて否定する必要はないと思います。それと、別分野ですが東工大関係の研究開発成果を実用化しつつある装置を拝見する機会がありましたが、日本では最先端すぎて理解できる方が少ないのではないかと思うほどの内容でしたので、科学者に期待し温かく見守っては如何でしょう。

●前田建設工業と空調設備向け除菌消臭ユニットの開発で業務提携 ~深紫外線LED 空間除菌消臭技術を集合住宅やオフィス、病院などに導入~
=======
日機装は医療機器メーカーとして、2006 年からノーベル物理学賞受賞者とともに深紫外線LED の開発に取り組んでおり、新型コロナウイルス感染者の拡大に先んじて、この技術を活用した空間除菌消臭装置「Aeropure(エアロピュア)」の販売を開始し、医療機関をはじめ、福祉施設や宿泊施設、飲食店などの感染予防対策に貢献しております。
今回は前田建設工業の空調・換気技術と日機装の除菌消臭技術を融合させ、これまでの感染予防対策を一歩進め“より安全・安心な建物を提供して社会に貢献したい”という思いが一致し、業務提携に至りました。
(以下のウェブサイトより引用させていただきました)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000017014.html
「自民党・公明党・立憲民主党_国民民主党・維新の会から約50名の議員が参加」・・・
言葉もない。
こんなんでコロナ対策はもちろん、原発処理水など科学的な判断ができるんかな。
結構ショックなニュースですね。
下記とのことですが、科学ではすでに結論が出てる話であり、確かにこういう装置があって欲しい気持ちはわかりますが科学を政治で捻じ曲げてはいけないのではないかと思います。
「できれば感染研と厚労省にもっと本当は早くやってほしかったんですが、もっと万人から見て、これが大丈夫だよという実験装置を作ってもらって、早く基準を示してもらって、安心して前にいく、このことが国民の希望ということは間違いないと思います」
Premiumを無料で体験
登録・ログイン