新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
必ずしも東京に固執しない。

働き方の自由度が高まり、Uターン就職したからといって、先々東京の企業の仕事ができなくなるなんてこともありませんからね。

ワーケーション、副業など、もっと柔軟に働ける。さまざまな可能性を追求するのは、好ましい傾向だと思いますよ。
人気 Picker
就活の交通費が理由で、下手したら一生の仕事を決めている人が多いって、、って思いましたが、そりゃそんなもんですかね。

都内に本社があっても地方から仕事受けられる、的世界観はむしろマイノリティの発想なんでしょうか。
それの方が夢があるって発想が、東京に寄ってるのかもしれませんね。
もともと弊社は地域性に富んだ採用をそれぞれ行なってきましたが採用だけでなく、今いる方々のアサイン希望も、多様化してまいりました。
リモートワークによる仕事の機会が増えたこと、技術的にもクラウド化され、どこからでも仕事ができる機会がより増えていることなどさまざまな要因が加速しております。
採用のあり方も、オンライン面接で決まるために、学生の皆さんにとってもこれまで選択肢になかったであろうUターンの選択肢が増えています。
リモートワークやオンライン面談の便利さと、コミュニケーションの難しさなど、メリットデメリットがありますが、働く場所のあり方、働くスタイルの多様性が見えてまいりました。
就労人口を増やしたい自治体は、コロナが落ち着いた後交通費を補助をしてあげれば獲得しやすくなるかもしれないですね。
https://doda.jp/guide/heikin/area/
こういうデータもご確認頂いたほうがよろしいかと思います。
地方に就職する理由として多いのは、地方の魅力的な生活環境。地方は生活費が安く、子育ても容易で満員電車からも解放されます。ワークライフバランスを取りながら、自分に合った生活ができるのが魅力ですね
リモートワークができるからこそ、これまで都市でしかできなかった仕事をリモートで地元でやるという思考のほうがいろいろな経験を積めると思います。地元企業に固執する必要はないと思いました。

---
「就職活動のオンライン化で帰省せずとも自宅で選考を受験できるケースが増え、地元企業を受けやすくなったことが要因の一つ」
各自治体もUターンに力を入れているところが多いので、良いマッチだと思います。あと、場所に縛られない働き方を容認する会社がもっと出てきてもいいのではと思いますが。