• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ハマスがロケット弾攻撃800発 イスラエルに、1人死亡

83
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    (追記)テルアビブ近郊の国際空港がある都市、ロッドでは、呼応したパレスティナ人が暴動を起こし、双方に死者が出ています。
    https://twitter.com/MiddleEastEye/status/1392285090152075266

    ガザ地区のパレスティナ人勢力が5月11日に開始したロケット弾攻撃は、深夜になっても続いています。
     一方、イスラエル軍によるガザ地区への報復の空爆も続いています。
     イスラエル軍の誇るミサイル防衛システム、アイアン・ドームは、ガザ地区から発射されるロケット弾の9割は、空中で捕捉します。つまり、100発発射されれば10発は着弾します。
     5月11日にイスラエル南部の港湾工業都市アシュダッド近辺に発射されたロケット弾は200発を超えていました。実際、20ヵ所程度には着弾して、学校や家屋などに被害が出ました。住民の大部分は防空壕に退避していましたが、2名の死者が出ました。
     深夜、日本時間午前3時に、最大都市テルアビブに向けて130発以上のロケット弾が発射されました。何か所か被害が確認されています。テルアビブでも死者が1名出ました。
     イスラエル軍の空爆でロケット弾攻撃を止められなければ、地上戦でガザ地区を攻撃せざるをえないでしょう。すでに主力戦車のメルカバがガザ周辺に次々と配備されています。

    ガザ地区からミサイルを発射する様子の広報ビデオ。着弾地点の映像は5月11日のものですね。
    https://twitter.com/UmairMinhass/status/1392153057417367552

    5月11日夜、イスラエル軍の空爆で破壊されるガザ地区のビル
    https://twitter.com/Conflicts/status/1392170304294854656

    テルアビブで炎上するバス(無人)
    https://twitter.com/Conflicts/status/1392180401557356545

    テルアビブ上空で続くミサイル防衛
    https://twitter.com/Conflicts/status/1392182061092544513


  • badge
    TBSテレビ 報道局 総合編集センター長 兼 報道コンテンツ戦略室長

    この前、エルサレム旧市街のイスラム教聖地のひとつ「岩のドーム」近くでも、イスラエル当局とパレスチナ側の衝突がありました。金色の屋根と外壁のブルーが美しいモスクですが、ここに直接被害が及ぶと、パレスチナだけでなくイスラム教徒全体を巻き込んだ宗教対立がエスカレートするおそれがあります。

    現地を2度訪れたことがありますが、高台のモスク側から壁を越えて下ると、ユダヤ教徒が集まる“嘆きの壁”があります。訪れる人の風景がガラッと変わった印象があります。

    武力で圧倒するイスラエルが、これまで以上に強い手段に出た時の、パレスチナ側の報復の応酬が心配です。


  • 暦オタ・ガジェオタ・ミリオタ・時々謎のPro Picer

    イスラエルとハマスとの武力による応酬はいつものことですが、今回のハマスによる久々の大規模ロケット攻撃は、ハマス側の事情によるところが大きいと考えています。

    今回の衝突のきっかけはエルサレムのアル・アクサー・モスクでの衝突でした。
    アル・アクサー・モスクはイスラムの最高聖地の一つで、現在はイスラエル領ですが、その宗教性を考えてモスク自体はヨルダンが管理するなど、ある意味象徴的な場所になっています。

    現在東エルサレムを含むヨルダン川西岸は、ハマスではなくファタハが統治しており、事実上パレスチナは分裂国家の状況になっていますが、実は5月22日に15年ぶりの選挙が行われることになっていました。
    ところが下馬評ではハマスが優勢で、政権交代を恐れた4月30日パレスチナ自治政府は、急遽エルサレムでの衝突を理由に選挙の延期を発表しています。

    イスラエルとしては当然ファタハの政権が続いて欲しいので、これを支持していますが、ハマスは当然反発を強めています。
    同時に、ハマスが、アル・アクサー・モスクでの衝突をきっかけにイスラエルと戦える唯一の存在として強硬姿勢をアピールし、パレスチナ自治政府に圧力をかけることを考えるのは自然な流れだと思われます。

    ハマスにとっては強硬姿勢が来るべき選挙に利になる以上、簡単に引く可能性が低く、場合によっては業を煮やしたIDFのガザへの地上侵攻という可能性もあるかもしれません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか