新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数年前に使ってた仕組みがサービス化されてるとは!?
AIで瞬時にパワポ化されたら、もっといい!

昔、使ってた仕組みは…
手書きで書いたものを欧州に住む人へ送る。
すると、手書きをもとにパワポを作ってくれます。
翌日出社すると、パワポが届いています。
これによって、昼間を考える時間だけにあてられました。

さらにハイレベルの人に依頼すると…
手書きと調査項目を送ります。
すると、調べた結果(主に数字)を記載されたパワポが届きます。
一夜で50ページ作ってくれることも。

当時はヒトで対応でしたが、今はAIで実現できるだろうなぁ。
あくまで個人の意見ですが、相手に紙ベースで伝えられるだけのメモ書きができるならば、資料作成をアウトソーシングしなくても、雑でも良いので自分で作った方が良いと思います。時間が足りないならば、メモ書きを印刷して配っても良いし、最悪口頭で伝えても良い。相手に伝えるのに綺麗な資料である必要はないと思います。

仮に資料が必要で、時差を利用して寝ている間に資料作成してほしいならば、社員1人海外に派遣して在宅勤務で資料作成だけ集中してもらった方が、情報管理の意味合いでも良いと私は考えます。
自社でオフショア先をもっているような会社は組織でこれをやっているわけですから、ふーん、で終わってしまいますが、これを個人で思いついたときに、気軽に使えるようになったらすごいですね。

ただ、チェン ルネさんのおっしゃるとおり、人に依存しますからね。
同じ会社の部署の中でだって、人に頼むと??なんてこともありますし(笑)

だったら、小峰 弘雅さんのおっしゃるように、そのときにシーン、依頼者の好みを学習して、AIがそこそこの下書きを仕上げてくれる、というまでいかないと使えるサービスにはならないのかな、とも思います。
例で出ているチャートカラーがBCG風だなぁと思ったらやはり創業者がご出身の方みたいですね笑

不特定多数のフリーランスの方を活用するモデルだと、なかなか繊細な情報を含む作業依頼はできなそうですが、社内資料などでクオリティ妥協しているものを一回綺麗にするのに使えるかな。

翌朝までに“Beautify please” って🇮🇳チームにパッケージごと依頼してた日々が懐かしい。
これはとてもキャッチーなサービスですね。
記事ではスライド1枚分でしたが、他のサンプルも見てみたいものです。
パワーポイントは流れが重要なので、各スライド間の整合性までチェックするサービスがあれば完璧。
あとは、ある程度ざっくりした情報から、整形されたスライドが生成されたら言うことはありません。
整理の切り口と言葉の選び方が8割と言う観点からは、
手書きまで出来たら、ほぼ完成で、スライドもつくれると思う…
その上流段階からやってくれたら、本当にドラえもんなんだけどな…
今度使ってみよう。ただアイディアをバラバラ話したものを企画にまとめてくれるサービスが欲しいなと思っているところ。
機密情報の取り扱いが非常に難しそうですね...
大手企業ではサービスの浸透が見込め無いかもしれません。

情報保護の意識が薄い場合、このサービスによって問題も多発しそうだなと思ってしまいます。
広く一般化したということと思いますが、
これから、伸びそう。
寝ている間に、、、は他にも用途ありますね。
作品の雰囲気によってクリエイターを選べたり?