新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最初から2敗は決まっていたので、実質的には広島が決戦の場でした。地元議員を丸ごと巻き込んだ河井夫妻の事件の後なので、敗北と言っても特殊事情によるものとも言えます。しかし、そういう言い訳はできず、「全敗」の言葉が独り歩きしていくのが政治の世界の怖さであり、ダイナミズムです。首相にとってはかなりの痛手です。首相の殊勝な姿勢がそれを物語っていると思います。「何か変えないと次の衆院選は厳しい。もう人事刷新という声が出ている」。自民党ベテランは全敗の結果を受けてこう漏らしています。閣僚の一人は「今回はおきゅうを据えるより強かった。自民は崖っぷちに近付いている」と指摘しています。そして、底流にはコロナ対策の不手際の連発があります。GOTO中止の決断をもう少し早くして第3波の波を後に遅らせ、ワクチンが当初の想定通りに来ていれば、第4波は防げたと思われます。今後は「政治とカネ」ではなく「コロナ」が政権を直撃するかもしれません。
弔い選挙の長野で羽田さんに負けたのは仕方ないにしても、広島は自業自得でしょ。
1億5000万円の説明、二階さんの「他山の石」発言…さすがに広島県民もNOと言ったということですね。
菅総理コメントは、所謂「言語明瞭意味不明」で、発言のたびに落胆というストレスを感じる。

何を謙虚に受け止めたのかの中身が問われているわけで、政権への信頼は国民を納得させるところに生まれるのに。

そういう意味では、発言のにたびに政権からの国民の遠心力が働く。これで三度目の緊急事態宣言解除が不十分なまま行われ、オリンピックが開催となれば、政権の命脈は尽きるかもしれない。
負けるべきところで負けました。
これからはきちんとコロナ対策をして国民の支持を一身に集めていくでしょう。
菅さんは今回の全敗を教訓にして少しは謙虚になり日本国民のために仕事されるようになると思います。
選挙に至る背景から、全敗することも、ある程度は想定内だったと思います。
   
ただ、この全敗が大きく報道されることで、大きなうねりになることは避けたいと考えているはず。
 
「緊急事態宣言」の効果を出して、早急に解除できなければ、ますます追い込まれていくと思います。
コロナ疲れと不明確な説明での飲食店や百貨店の休業、使えないアベノマスク・・・。進まない在宅勤務、議員の不祥事など。。国民の不満はどんどんたまっています。
かなり厳しい選挙だったとは思いますが、選挙に勝てない総理として自民党内では色んな権力争いも起きそう。一部では安倍さん担ぐなんて噂もありますが、どちらにせよ菅さんは短期政権なのだろうなと。最初は期待しましたが、やはり官僚や周囲の人を動かせない人は首相としては不適格。立派なことは誰でも言えますからね。
オリパラを強硬に実施したら逆に選挙ではマイナスにならないかな。
●●してれば防げたはずってのは安易に言わない方が良い。根拠なしなら、●●してても防げなかった可能性も同じだけ存在する。なぜなら、妄想のレベルに過ぎないから。