新着Pick

住友重機械が機関銃生産から撤退へ

東洋経済オンライン
防衛産業から撤退する大手企業が増えている。戦闘機選定が混迷した末に、F-35Aが選定されたことで、横浜ゴムや住友電工が戦闘機生産から撤退、その後、戦闘機などの射出座席を生産していたダイセルは完全に防衛産…
73Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今の日本の防衛政策では、防衛産業が潰れていくのは仕方がないでしょう。また財務省も、日本の防衛や安全保障のことなど考えず、簡単に輸入品に切り替えろと言います。防衛産業が撤退する背景には、部品等を納入する子会社の経営が成り立たなくなっているという事情もあります。日本政府が言う防衛産業保護は、グループとしての企業を見ていないのです。
しかし、武器装備品を国産しておくことは、安全保障の基本です。米国であっても、武器装備品の依存度が高くなり過ぎれば、日本は米国の言いなりにならざるを得ません。日本は、自分がどのような国であるかを決めたければ、自らを防衛できる最低限の能力を維持しなければなりません。その能力の中には、兵器に関する技術も生産能力も含まれます。
日本の防衛産業の多くは、グループ企業の一部分でしかありません。グループ企業が上げる利益のうち防衛部門が上げる利益は5%未満であると言います。防衛部門はグループ企業の中でも発言権はありません。そもそも民間企業に、国の安全保障の責任を押し付けるのは間違っています。
武器の輸出を許さないのであれば、兵器の価格をもっと上げる必要がありますし、コストを下げたいのであれば国がもっと主導力を発揮して外国に兵器を売り込まなければなりません。日本の兵器が単独で輸出できるだけのコスト・パフォーマンスを持っていないのであれば、積極的に共同開発に参加する必要があります。
人気 Picker
日本の防衛産業の構造的問題が集中して表れている。防衛省しか顧客がいないのに複数のメーカーがあるモノプソニー状態で競争させ、企業が体力を削りながら入札するので、結局耐えられなくなって脱落する。でも武器の国産化は外せない。
確かに国内の防衛産業を保護しないといけないのは正論なのだが、MINIMIに関しては2013年に検査データ改ざん問題が発覚し、高くて低性能の火器が納入されているというお粗末な話になっている。機関銃のような新しい機能が期待されない分野では、結局、安いものが圧倒的に有利なので、輸出できたとしても競争力がなく、メーカーとしては旨味がないのは事実だ。昨今流行りの経済安全保障だが、防衛省もメリハリをつけて育成し、守るべき重点産業をリストアップしていくべきだろう。
「防衛予算が大きく伸びることがなく、装備の高度化によって維持整備費用が装備の調達費を上回っている。しかも少子高齢化で将来の自衛隊の縮小は明らか」
なるほど。国友鉄砲の技術が生まれたのは戦国時代。やがて江戸時代中期になると生産は激減、本来の役目を終えていきます。日本で機関銃を使う機会が無ければいいのですが、国内防衛産業の衰退は安全保障面でも気になるところ。
住友電気工業株式会社(すみともでんきこうぎょう、英文社名:Sumitomo Electric Industries, Ltd)は大阪府大阪市に本社を置く日本最大手の非鉄金属メーカーである。略称はSEI。世界トップシェアの製品を多数持ち、世界五大陸40カ国以上に約390社、27万人を超える社員を擁する。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績

株式会社 ダイセル(Daicel Corporation.)は、大阪市北区大深町に本社を置く日本の大手化学品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2,560 億円

業績

横浜ゴム株式会社(よこはまゴム、英文社名 : The Yokohama Rubber Co., Ltd.)は、古河グループのタイヤ・ゴムメーカー。2016年度のタイヤ販売額シェアで、日本国内ではブリヂストン、住友ゴムに次いで第三位。世界では第八位である。 ウィキペディア
時価総額
3,444 億円

業績