新着Pick
SPD2TMHYOIKUQ0W3

横浜ゴム 株式会社

横浜ゴム株式会社(よこはまゴム、英文社名 : The Yokohama Rubber Co., Ltd.)は、古河グループのタイヤ・ゴムメーカー。2016年度のタイヤ販売額シェアで、日本国内ではブリヂストン、住友ゴムに次いで第三位。世界では第八位である。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都港区新橋5丁目36番11号
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 山石昌孝
設立年月日
1917-10-13
従業員数
27,222 人
上場年月日
1950-04-24
平均年齢
41 歳
平均年収
6,312,000 円
上場市場
東証プライム,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
次世代燃料、バイオ素材国内モータースポーツで加速する脱炭素
MONOist
|
国内で行われている3つの最高峰レースカテゴリー「スーパーフォーミュラ」「スーパーGT」「スーパー耐久」において、カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが活発になっている。合成燃料や環境配慮素材の採用、次世代パワートレインの先行投入など、将来に渡って持続可能なレースシリーズの構築をめざす動きが急速に進んでいる。
26Picks
買い取り価格高騰、「旧車」ブームが広がっている
ニュースイッチ
|
「旧車」の人気が高まっている。旧車の買い取り事業を手がけるカレント自動車によると、2021年の同社への査定依頼数は前年と比べ80%増と大きく伸びた。電装化や電動化が進む以前の旧車は、直接的な運転感覚を得やすいといった点が魅力と言われ、自動車愛好家を中心にブームが広がる。それに伴い取引市場の動きが活発化し、買い取り価格も高騰している。自動車メーカーなどでは、旧車の補給部品を復刻する動きが相次ぐ...
96Picks
横浜ゴムが蘭タイヤ会社買収 総額1371億円
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 横浜ゴム<5101.T>は25日、オランダの農機・建機会社アライアンス・タイヤ・グループを1371億円(手数料込み)で買収することで、米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>などと合意したと発表した。横浜ゴムの製品ラインアップに農業機械関連のタイヤを追加する。
75Picks
住友重機械が機関銃生産から撤退へ
東洋経済オンライン
|
防衛産業から撤退する大手企業が増えている。戦闘機選定が混迷した末に、F-35Aが選定されたことで、横浜ゴムや住友電工が戦闘機生産から撤退、その後、戦闘機などの射出座席を生産していたダイセルは完全に防衛産…
29Picks
部下の大きなミスに鬼の形相で詰問、嫌われても怒った課長の覚悟 - ルポ「闘う職場」~働き方改革では生産性は上がらない
Diamond Online
|
部下が大きなミスを犯してチームが窮地に陥ったとき、上司は部下にどう対応し、そして危機を脱したのか。横浜ゴムの現場を追った。
28Picks
横浜ゴムのタイヤが消しゴムに 突然の人気、受験生もすべらない?
withnews.jp
|
横浜ゴムが「消しゴム」を販売していたことが話題になっています
17Picks
不良品発生を最大4割減! 主要タイヤメーカーが推進するAI導入
ニュースイッチ
|
タイヤメーカーが、タイヤの製造や検査の工程に人工知能(AI)を取り入れ、品質強化に取り組んでいる。ブリヂストンと住友ゴム工業は製造過程での品質向上にAIを活用する。一方、横浜ゴムとトーヨータイヤは検査工程に活用して欠損品や不良を検出する取り組みを進める。自動運転など車の進化とともにタイヤへの要求性能が高まっている中、タイムリーに高性能な製品を供給するため各社がAIを駆使している。(鎌田正雄、...
15Picks
エポキシ系並みの高強度を持つ高弾性ウレタン系接着剤、横浜ゴムが基礎技術を確立
fabcross for エンジニア
|
横浜ゴムは2018年11月20日、最大引張り強度20~40Mpaに加えて、最大伸び率200~500%という弾性も兼ねそろえた2液型ウレタン系接着剤の基礎技術を確立したと発表した。一般的に達成困難な技術領域を定めた技術的上限曲線(バナナ曲線)を越える数値を実現したことになる。 車体の軽量化に取り組む自動車業界では、アルミや炭素繊維強化樹脂(CFRP)などの軽量材料を組み合わせるマルチマテリアル...
11Picks
横浜ゴム、タイヤの状況に応じたサービスを展開する技術開発ビジョンを発表
LIGARE
|
横浜ゴムは19日、乗用車向けタイヤセンサーの中長期的な技術開発ビジョン「SensorTire Technology Vision」を発表した。 横浜ゴムはタイヤのCASE対応やIoT化を必須と考...
11Picks
パソコン操作ログを分析して働き方改革を推進 勤務時間の75%を占めるPC操作をRPAで代替図る横浜ゴム
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
横浜ゴムは、労働生産性の向上を目的にした働き方改革の推進に、パソコンの操作ログデータを活用している。操作ログを分析し、従業員が手作業で行っている業務をRPAとOCRソフトを組み合わせて自動化を図っている。
9Picks
日本の防衛産業が見限られるのは希望がないから
東洋経済オンライン
|
航空自衛隊の輸送機C-2や海上自衛隊向けに油圧関連部品などを製造しているカヤバ(KYB)は今年2月に防衛産業からの撤退を決めている。今後これらの自衛隊の機整備やベンダーの変更による仕様変更に伴う調達・運用…
9Picks
世界で初めてゴムとスチールコードの接着劣化を3次元で解析する技術を開発 -タイヤの耐久性向上などに活用-
東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-
|
横浜ゴム(株)、東北大学多元物質科学研究所 陣内研究室、(株)日立ハイテクノロジーズらは共同で、タイヤ内のゴムとスチールコードの接着劣化を3次元で解析する技術を世界で初めて開発しました。同技術により...
8Picks
横浜ゴム 山石昌孝社長(59)が「26歳大学院生」と"沖縄パパ活"写真
文春オンライン
|
東証プライムに上場するタイヤ・ゴムメーカー「横浜ゴム」の山石昌孝社長(59)が、女性と食事やデートを共にする対価に経済的援助をする“パパ活”を行っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。創業105年…
10Picks
RFIDが自動車業界を変革する、「つながるタイヤ」開発加速
ニュースイッチ
|
タイヤメーカー各社がIoT(モノのインターネット)技術を活用した「つながるタイヤ」の開発を加速している。仏ミシュランは、2024年までに自社製の全タイヤに無線識別(RFID)タグを搭載する。住友ゴム工業はセンサーを用いたタイヤ空気圧監視システム(TPMS)の提供を始めた。タイヤの状態を容易に把握したり遠隔監視したりすることで、周辺サービスの拡充を目指す。各社は売り切り型ビジネスから脱却し、メ...
8Picks
横浜ゴムがIoTタイヤで新ビジネス創出へ、技術開発ビジョンも策定
MONOist
|
横浜ゴムは2021年2月19日、乗用車用タイヤセンサーの中長期的な技術開発ビジョン「SensorTire Technology Vision」と、アルプスアルパイン、ゼンリンと共同で進めるタイヤ・路面検知システムの実証実験について発表した。
8Picks
加速する海外生産 高性能タイヤの需要増背景に - 自動車春秋社
自動車春秋社
|
国内タイヤメーカーが海外市場で供給能力を拡大している。ブリヂストンは北米やインドなどで生産増強を進め、住友ゴム工業は欧米の拠点拡大を進める。また横浜ゴムは中国で新車用向けの供給量を引き上げる方針だ。各社はSUV用など高付加価値タイヤの需要増を追い風に、一層生産体制を強化することで競争力を高める。  国内は市場の成熟化が進み、今後大きな需要増が見込まれない一方で、海外市場は各社の収益を支える重要な…
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ