新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
副業で漁師!カッコいいですね。
個人的には自分に足りないものを補うために、本業と全く別タイプのこともやってみたいなと思うのですが、どうしても本業にも活かせる力をと考えると本業に近い仕事を選んでしまっています。
とはいえ、本業と似ていてもそうでなくても、選んだ仕事が自分の好きや得意なことなら理想的だと感じます。
置かれる立場がコロナ前と後で、ダメージがどれだけかと個人差はありますが安定や余裕な日々を求めるか否か、またこれまでの知識、経験と知見、いわゆる「経験知」で副業もバラエティ豊かに広がっていると思います。

時間の概念ではなく、知力で勝負できる副業ならば時間でのものさしではなく能力の尺度で展開は可能かなと思います。但しその分野が限定されます。ただオンラインで特化した科目を教師として展開も可能です。

一方で仕事で時短出来ることは一切ないでしょうか。個人的には多々ありました。コツはやはりデジタルではないのかなと思います。
自分も2017年からずっと副業していますが、継続できている理由は習慣化ができているからだと思ってます。

通勤していた時は通勤時間の電車の中で毎日朝1時間程PCを触れる時間があったのでその時間で副業していましたし、リモートワークになってからも本業を始める前の朝の1時間を副業に当てています。

副業する時間を作るのは副業を始める大きなハードルの1つですが、まずは小さく始める事、それを継続する仕組みを作る事が大事だなと思います。
副業は自分の能力を試してみるよい機会だと思います。得意なこと、または趣味の延長で試行錯誤し、経験値を継続して積み重ねていくことで、自己実現でき、また収益化も出来れば、一番理想的な形ですね。
試すことにリスクはない…転職とは違う複業(※副業ではありません)のメリットです。

副業が認可されている企業であれば、自分のスキルや適性を試すために複業してみることをおすすめします。

やってみるだけでも、そこから得られることは、本業にも役立つことが多いからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません」