新着Pick
1052Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
凄い。これは自動車業界の未来を考える上で必読のインタビューですね。
人気 Picker
EVの究極のコアパーツとも言えるリチウムイオン電池の発明者・吉野彰さんのインタビューをお届けします。昨今のカーボンニュートラル政策全般の正しい見方やアップルカーについて聞きました。

驚いたのは、吉野さんがイメージするアップルカーのビジネスモデルの全容です。
現状の電池性能に限界があるからこその考え方で、社会全体のソリューションの一部としてアップルカーの存在を位置づけているイメージで、たいへん興味深く、ワクワクしました(詳しくは本文をお読みください!)リチウムイオン電池に代わる革新的な電池がなくても、殴り込みをかけるための材料は十分整っていると考えているようです。

アップルはこれまで自動車を売ってこなかったし、おさらく将来においてもみずから作らないでしょう。だからこそ、描ける未来図の幅は多のだろうと、改めて感じました。
そして、無類の「ビジネス好き研究者」でもある吉野さんに最後に聞いたのは、EV戦国時代において、日本のトヨタ以外の自動車メーカーが、一体どう生き残ればいいのか。
その答えも、示唆に富んだものでした。ぜひご一読ください。
自動車メーカーはスマホメーカーのようになるというお話と理解しました。その時に、サムソンになるか、クアルコムになるか、ソニ―(カメラ)や村田製作所になるか。シェアリング、自動運転が主流になれば、自動車保険の比率が高い損害保険会社も変わらないといけないでしょうし、そもそも「駐車場」なんかもよく言えば有効活用、悪く言うとダダあまり。インパクトは産業界、住宅、暮らし方などとても大きいと思いました。
自動運転車は充電と放電を繰り返してエネルギーのエコシステムに貢献する。このくだりが印象的でした。長距離を走らなくてもいい。短距離を乗りつなげば、目的地に到達できる。という発想も目から鱗。示唆にとむレポートです。
めちゃくちゃおもしろい。何度もなるほどと思いました。

確かに自動運転×シェアリングはものすごいインパクトがあり、そこにはUI・UXを突き詰め、資金とOSを握る企業(つまりAppleかGoogle)が勝つと思いました。

言葉の分かりやすさやビジネス的なモノの考え方からして吉野さんは研究者という枠に全く留まらないのだなと強く感じました。

***吉野さんの発言***
”シェアリングで使う車を法人に売ったほうが合理的。彼ら(Apple)は、そう考えているでしょう”
”人が運転することは、趣味になっていくんじゃないかな”
”日本の中小自動車メーカーが何にも手を打たなかったら、間違いなく、消滅やろうね”
面白い。

自動運転かどうかや航続距離云々は実はユーザとしてはどうでも良いと思っていて、シンガポールではGrab呼べばどこでも大体5分以内に車が来て、好きなところで乗り捨てた時には決済は終わっている。車種など気にしたことも無いし、ドライバーとのやり取りも皆無。

この移動部分のUX自体は、正直無人になっても別に大きく変わらず、決済系を含むMobility以外のサービスとの統合が肝になってくるし、そういう意味でOSを押さえるのが決定的に重要ということだろう。

2025年という時間軸も、シンガポールや中国大都市のような集積度が高く車優先で作られた街では結構現実的だと思うけど、ここも残念ながら日本の道路事情(香港も同じ)だと遅れを取るのが確定している気がして悲しくなる。
トヨタの競争相手はAppleではありません。
あくまでも消費者のニーズです。
車は消費財でもあり、社会のインフラでもあります。
個人向けのサービスも重要ですが、
社会との共存と、社会インフラとしての
役割も重要です。
トヨタのE-paletteは未来の車と
社会との新しい共存に向けた一つの答えです。
BtoCビジネスを好むAppleは、
走るオフィス、走る製造現場のような
BtoBの市場への参入は考えにくいです。

また、トヨタは車と街がもっと密接に繋がる
ウーブンシティを計画しています。
未来の社会における車の役割に関する実験と
経験値の蓄積は、GAFAにも未開拓のところです。

BtoCの領域でも、車の種類は多いです。
軽車、セダン、ミニバン、SUVなど。
Apple、テスラともに、車のラインナップを
増やすことは容易いことではありません。
むしろ、幅広い車のラインナップを
EV車に替える方がよりスムーズにできます。

EV車にも課題はあります。
社会のIT化の進展に伴う電力需要の高まり、
そもそも電力生産における環境問題、
そして、走行距離の短さ。
水素はクリーンで、長距離走行も可能です。
水素は、無色・無臭で、可燃性が高く
安全面で課題がありますが、性能では
EVバッテリーに勝ります。
EV車の電池容量の限界に近づいた時、
水素車がその次の答えになる可能性はあります。

新しい未来を描くトヨタも応援していきたいです。
非常に端的に、またロジカルな内容で感銘を受けました。何より分かりやすい。
AppleやGoogleはモバイル分野、特にOSという基盤分野でプラットフォームを築き、そこからアプリや様々なソフトウェアを乗せる仕組みを開発した。
自動車の分野でも同じく、自動車という機械を開発するのではなく、どちらかというとプラットフォーム、つまりその仕組みを開発し提供するのだという考え方は至極納得感が高いです。
そうなるとデータもブランド力もあるAppleなどがゲームチェンジに一人勝ちし、モバイル分野と同じような世界観が広がるのは確かにその通りだな、と思いました。。
とても勉強になる記事でした。

車載OSがスマートフォンとほとんど同じと言う点には、なるほどなと思いました。
そうなると、アップルとGoogleが圧倒的に有利なのは変わらないように思います。

ただ自動運転に関しては、AI技術の点からするとGoogleの方が圧倒的に優位に立っていて、
個人的には、輸送との相性の良さからアマゾンが台頭する可能性もあるように感じます。


アップルカーでは、カーシェアリングが主流になるというのは、まだイメージがわきませんが、

シェアリングで最も手間が大きいのは、駐車場まで人間が歩いていかなければいけないと言う点だと思いますので、
限定的にでも自動運転が可能になり、駐車場から自宅まで迎えに来てくれると言う設定であれば、とてつもなく便利で、費用も抑えられると感じます。


日本企業の立ち位置について、悩ましい状況にあると言うこともわかりました。
英語による開発が世界の標準である以上、日本がOSの技術で対抗する事は考えられません。
一方で、IT企業が自動車産業に参入すると言うことも、想像以上に難しいと思います。

言語の問題から、日本が情報技術で先進的な役割を担う事は難しいことはわかりますが、今後、機械技術はどんどん下請け的な役割へとシフトすることは間違いありません。

現在、プログラミング教育や英語教育が重要視されていますが、我々教員は、その背景にはこうした産業構造の変化があると言うことを踏まえて教育を行わなければならないと思います。
EV車が主流になり、自動運転xシェアリングが始まる。話を聞くだけでワクワクする未来が見えました。その未来が現実としてやってきた時に、人類は次に何をするのかを考えておく必要がありますね。常識にとらわれな自由な発想が、次の100年を創ることになるんだろうと思います。
この連載について
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップルとトヨタを中心に、未来の自動車ビジネスを読み解いていく。