新着Pick
519Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非公式な会話の大切さを実感している人も多い。
参考になる内容。
昨春からリモートワークが継続されていますが、個人的にはそんな勤務体制なので、

・本業のコールやミーティングには極力参加する。
・ビデオはオンが個人的には好ましい。
・壁打ちのセッションも公私共に積極的に参加し、招待もする(特に若手社員向けに)
・異業種の方との接点も多々設ける。
・ギグワーク、副業が可能なら時給とかも良いが能力を採用基準とする副業にて自社並びに自身をブランディングする。そしてそこから得たものを勤務先で導入可能か検討してみる。
・空いた時間は5分でもいいので天気が良ければ少し外に出る。
・NPで興味のある記事にコメントして発信する。

主体的に日々をプランして即実行がこれまでの日々の中で大切だと思います。参考になりました、ありがとうございます。
記事を読むと一見、こんな細かくやるのか、、と思いそうですが、慣れると、リモートワークでもとても行けそうです。

ほぼ丸一年、仕事はリモートですが、ミーティングではアイスブレイクを、はじまりや途中でも入れたり、相手の方のお名前を出来るだけ呼びかけたりして、心を少しでも動かすような事は心掛けています。
企業のリモートワークの推進は、組織としての改変、つまりは経営層の意識改革が不可欠です。リモートの方が効率の良い仕事は明らかにある。それまでオフィスに集めて行うことから脱却できなくては、先はないと思います。
ダメ出しをするのではなく、それを上手に使う…ポジティブな視点と行動が競争力につながるのは、どんなことでも同じですね。

新型コロナウィルス禍が終わっても、オフィスとリモートワークの両方を上手に活用できる人と組織が一番強いですよね。

(以下、記事中から引用)
「リモートワーク」をうまく活用できることが、これからの強みになる

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
177 兆円

業績