新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レクサスが得意とする富裕層がいるのはどこか。トヨタブランドに比べてレクサスブランドを買うお客様の方が電動化ニーズがより高いという考えなのでしょう。
日本流のおもてなしも、一定の評価を受けていますが、お客様の囲い込みのためにはハードとしてのクルマに加えて、ユーザーライフスタイルの変化に、どのように対応していくのかも大切です。その点についてはもう少し見ないとなんとも言えません。
綺麗なお店で新車購入やメンテナンスサービスを提供するだけの「拠点」の役割は必ず変化せざるを得ないのですから。
SUVはパッケージの話し、BEVはパワートレーンのこと。しかも、ブランド変革は何を意味しているのか?何から何に変革するのか?
レクサスが本気を出した。EVで各社が競合してみんなが近いスペックを得た時、パソコンの様に最後はデザインと使いやすさ、そしてステータスを感じるブランドイメージが大事になると思います。

社長の豊田章男さんは、同時にレーシングドライバーでもあり、運転の楽しさも熟知されているので、既にある技術と信頼性に加えて、その「体験」で圧倒的な差をレクサスで魅せて欲しいですね。楽しみです!
2025年に向けて、世界各社のEVバトルが激化しそうですね。高級EVセグメントに強いTeslaに立ち向かうには、やはりレクサスブランドですよね。今後の展開が楽しみです。
>「日本車は電動化で遅れている」

三菱と日産が世界に先駆けてEVを売ってきたのに、その二社は日本ではないのか
レクサスは日本を代表する高級車ブランドで、大いに期待できるニュースです。

ただ、メルセデスなどドイツ車ばかりに目を奪われると、顧客である富裕層をテスラにごっそり奪われてしまう恐れがあります。

これからの車は「ハード」と「ソフト」の融合体であり、「ソフト」がますます重視されていきます。

トヨタは当然考えていると思いますが、「ソフト面」でのアピールも忘れないようにしてくださいね。
『LF-Z』には90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し航続距離は600km(WLTP値)最高出力400kW(544ps)最大トルク700Nm。最高速は200km/h、0-100km/hは3.0秒の動力性能を発揮する想定。
テスラが目立つせいで勘違いされがちですが、日本のEV技術は結構進んでるんですよね。ただガソリン車のほうが効率的だからそっちをメインで売っているというだけで。
ここから気になるのは、トヨタより遥かに大きな時価総額を誇っているテスラが、どうなっていくか。トヨタの何倍もの売上を継続的に挙げ続ける未来は、、、やっぱり見えないが…
『LF-Z』これはこのまま発売されてもかなり売れそうなデザイン。最近、トヨタは売れるデザインを作ってくるのが上手いと思います。
レクサスのEVコンセプトカー、かっこいいな~、未来の車っぽい。日本の高級車の代表として、BMWやベンツを引き離す存在に早くなってほしい。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
33.1 兆円

業績