新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple Watchって、丈夫さ・頑丈さを求めるユーザー層がそこまで厚いんだろうか。
それとも、完全に新しいマーケット領域に攻め込むってことかな?
ハードな環境で使うような新たなユーザー層開拓となると、そっちに興味が。
Tough BookのようなMac Book Pro とか出てきたりして。
カシオのGショックはMil standardにも適合するほどの筐体設計になっている。他の民生機器とはそもそも信頼性評価の仕方が違う。2階から落としても足で踏んづけてもディスプレイは割れないようにディスプレイ周辺の額縁部もガードされているデザインになっている。
かたや、現行のApple Watchは強靭性とは程遠い設計であり、時計が扉などにぶつかって仕舞えば簡単にディスプレイに傷が付くような設計である。(傷が付くとAppleによる下取り価格も安くなる)
Apple Watchはどちらかというとヘルスケアであったり、ライトスポーツ向けの機能が拡充されてきたという理解。Gショックのように粉塵だったり耐衝撃に特化した用途とは競合しないと理解していた。もし、そうした頑健な設計をするとすれば、相当に現行品とは遠いデザインになる。
ラインナップの一つとしては面白いが…。
Mark Gurmanの記事は信憑性がそれなりに高いソースからの話が多いため、気になる。
iPhoneも徐々に耐衝撃性能が強化されているが、衝撃への強さを前面に押し出したモデルではない。日常生活で衝撃が加わっても壊れない、というもの。
Apple Watchについても同様なのではないか?スポーツなどで使う人も多いだろうから重要。一方でG-SHOCKは「壊れないし、傷ついてもそれ自体が価値」くらいのプロダクト。だから周囲に樹脂ゴムなども使うし、ゴツいこと自体がブランド。Appleはそれはやらないように思うのだが…
同じCASIOなら、G-SHOCKではなくて、PRO TREK Smartが競合になるんじゃないですか。
カッコいいと思います。
GarminにもG-SHOCKに似た、頑丈さ重視のスマートウォッチがある。こちらも競合になりそう。スマートウォッチのシェアで見れば、Garminの方が影響は大きいかもしれない。

衝撃に強いとなると、段差を付けてディスプレイが直接当たらない構造にするのかな。
ディスプレイは互換性を考えたら、現行と同じ形になりそう。

『Smart Outdoor Watch | PRO TREK Smart | CASIO -』
https://wsd.casio.com/jp/ja/
『ウェアラブル | 製品 | Garmin | Japan | Home -』
https://www.garmin.co.jp/mobile/products/wearables/?cat=outdoor-casual
すでにスポーツウオッチとして多くのユーザーに利用されているアップルウオッチ。

衝撃に強い商品を発売しても新たなユーザーを獲得できるかどうかは疑問です。

Gショックは、あのタフなスタイルが根強い人気の理由の一つだと思うのですが…。
Apple Watch ProやApple Watch Xみたいなネーミングになるのかな?

趣味でバックカントリースノーボードや登山をするけど、10年ぐらい前はGショックというよりはsuntoが主役でした。でも今はApple Watchが主役だと思います。iPhoneならペアリングも楽だしGo-Proやアクションカメラの操作、音楽の操作もアプリ連動でWatchからできるので色々便利だと思っています。唯一の心配は転倒した時の耐衝撃性だったので、ココが強化されるのは個人的にはすごく嬉しい。
これはありがたい。

そもそもApple Watchは、まずデザインからはいり、脈拍や運動量のモニタリング機能を使い始めふと不可欠なものになる、というところがある。

ジムでのトレーニングやランキングを習慣とする人々には、外すことが難しいデバイスだと言ってもよい。

ところが、これまでのApple Watchは、落下に対して極めて脆弱で、私自身もジムで取り外す時に取り落として、2回修理に出す(うち一回は交換となった)羽目になった。
常に装用することを前提とした「小型パソコン」としてではない「時計」レベルの耐久性を備えたApple Watchは多くのユーザーが求めているものだと思う。
価格規模が違いますが、例えば高級電気自動車(モデルS)をつくっていたテスラがSUV(モデルX、モデルY)に進出するようなイメージでしょうか。

当然、Apple製品(iPhone、Mac)を好みながらも、でもGショックなどの頑強な腕時計を持つ一定層はいるわけで、Appleとしても、そこを狙わないわけがないと感じます。

そういう僕も登山用のSUUNTOの腕時計(AMBIT3 PEAK)を付けていますが、iPhone、Macユーザでもあるので、頑強なものが出れば、今までは柔な感じで付けたいと思わなかったアップルウォッチを選ぶかも知れません。
スポーツ選手や登山家を想定との事。ライフサイクルが進むと製品の細分化が進みますね。
Apple Watchに丈夫さを求めるとは言っても、ジムやスポーツ時のヘルスケア用ウェアラブルとして耐えられる水準で十分だから、『Gショックが競合か』は言い過ぎな気がするけど。

もし、本当にGショックユーザーのような層も狙いにいくなら、その方針の今後が気になる。
カシオ計算機株式会社(カシオけいさんき、英語: CASIO COMPUTER CO., LTD.)は電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを扱う日本の電機メーカー。本社所在地は東京都渋谷区本町1-6-2。1970年9月に東証第1部上場(証券コード6952)。通称カシオ(CASIO)。 ウィキペディア
時価総額
4,352 億円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
268 兆円

業績