新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
出口調査では熊谷氏が次点にほぼ4倍の大差。異常に見えるかもしれないが、熊谷氏は自民推薦候補より有利に自民支持層を固めており、足場の立憲支持層や公明、無党派でも有利であっただけに、事前に想定された通りの大勝だ。

熊谷氏は知事選と千葉市長選をダブル選挙にするために日程を選んで辞職した経緯があり、市長選では熊谷氏の後継の神谷氏(元副市長)が当選確実となっている。こちらも大差だ。
熊谷さんにおめでとうございます、というより、千葉県民の皆様におめでとうございますと申し上げたい。
常に筋の通った考え方をされるところ、危機対応の柔軟性と粘り強さ、ITへの明るさや正確かつタイムリーな情報発信など、どれをとってもピカ一の方。
東京をはじめ、周辺都県に対して、良い意味でのプレッシャーをどんどんかけていただければと思います。
都民ですが、期待しています!!
千葉県民ではなく、栃木県民ですが、台風災害時のときも新型コロナ禍においても、主にTwitterなどのSNSを通じて見ていた限り、前千葉県知事より熊谷千葉市長の方がよっぽど県全体のことを、そして市民、県民の立場に立って施政、発信していたように見えていました。期待しています。
投票率は38.99%で、前回を7.81ポイント上回りました。そんな中、7割以上の支持を得ての圧倒的なトップ当選。

43歳の熊谷さんは、40歳の北海道の鈴木知事に次いで全国で2番目に若い知事。Twitterアカウントも10年前からフォローし、多くの発言や政策を拝見してきましたが、千葉県民として、ずっと知事になってくれることを期待していました。

恐らく国政とのパイプの細さなど、エスタブリッシュメントとの軋轢も今後想定されますし、恐らく県庁職員とも色々あるでしょう。しかし、まさに仕事人として、特に名実ともに「リーダー」として油が乗り切るこの十数年、大きく千葉を飛躍させてほしいです。
確か千葉のどこかの講演会にお越しいただいた際に、名刺交換させていただいた記憶があります。
当時も若いのにご活躍だなと思いました。
プロピッカーの熊谷さんの当選おめでとうございます。それにしても河合ゆうすけ候補の手話通訳の方(河合氏がメーク無しで登壇した回)、大変お疲れ様でした。
【千葉知事選 熊谷さんの実力で間違いなし】

おめでとうございます。千葉県民ではありませんが、とても期待しています。

‥もはや○○党推薦とか関係なく熊谷さんの実力が票を集めたんでしょう。

これからの選挙はいい意味でまともな実力者に選ばれて欲しいですね。

当たり前のことですが。
千葉市長として圧倒的なリーダーシップで結果を出してきた熊谷さんが、千葉県知事に当選!周りの千葉県民大喜びでした。コロナや、台風、地震等、県民がリスクに晒される際に、首長の判断力、行動力、決断力、SNS/メディアにおける発信力の重要性は増すばかり。県政の大舞台でさらに、熊谷さんのリーダーシップを発揮して、我がふるさとの発展に寄与頂きたいです!
「投票率は38.99%で、前回を7.81ポイント上回りました。」とのこと。

この上昇は、知事を自分の一票でちゃんと選ばなければという県民の危機感の現れともいえる。同時に、この低得票率は知事が誰になろうが興味がない人がいかに多いかを表わしているともいえるのではないでしょうか。

県の自治は県民が選んだ知事によって行われるという当たり前に気付かせ、停滞を希望に変えるためには、熊谷知事のスピーディーな変革が何より必要ですね。
コロナを契機に都道府県知事の発信力や調整力や危機管理リーダーシップが注目されている中、当面のコロナ対応、医療体制の補強にこれまでの政令市市長としての経験がさらにプラスに活かせるように期待します。

県は国と市町村の間に位置するのでこれまでより困難もあると予想しますし、県庁組織や職員も市組織や職員とは大きく異なし、議会も同様です。これまでの立場でのスタイルに固執せずに新たなスタイルを打ち立てていただきたいです。

また4年後の知事選の投票率を高めることも、知事の業績目標の一つとして設定してもらいたいものです。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア