新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アブラハム・マズローの欲求階層説は、あまりにも有名であるが、これが生きる上で行動変容を促すものになっていることを正しく認識したい。「自己実現」の階層だけにフォーカスされる傾向が著しく強いが、この欲求階層説を大きく分けると、「欠乏動機」と「成長動機」の二つに区分されている。「欠乏動機」は、これが無くては生きられない衛生要因的なものを意味している。「成長動機」は、無くても生きられるが、より良い生き方を実現したいという強い欲求から生まれて来るもの。「欲求」を「意欲」として捉え、通常では越えられない障壁に挑むアクショントリガーとして受け容れ、自身の更なる成長に活かしたいですね。
理由はどうあれ「お金に対する(良い意味での)執着」がない人は、ビジネスで成功できません。

シリコンバレーにいた時ですら「お金の問題ではない」ということを言われていた日本人の方も少なくありませんでしたが、そういった方々は、ほとんどお金を生み出せなかったと思います。

この記事にある「欲」とは違いますが、「お金へのこだわり」は重要だと思います。

資本主義社会では、「お金」がなければ、人助けも、社会を良くすることもできません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
考える力がすごいからこそ欲が深いという側面もあると思います。
欲は大事です。欲を満たすために人は努力できると思います、その欲が社会にあっている人ほど、社会で評価されるだけで欲を持つことが悪いこととは思わないのでこの記事にはとても共感しました