新着Pick
819Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーの中の世界はバブルで、だからこそ外の世界で何か起きてるのか、理解できなかったーー。

ストボウスキー氏のお話は本当に、「外からやってきたからこそ」わかる視点に溢れていました。シリコンバレーのVCの課題点として、有色人種、女性が少ないなどと言われていて、白人の男性以外の人を増やそうという動きが続いています。

ストボウスキー氏のお話には、「多様性」を持たせることの意味は、ビジネスにもプラスになる、という非常に大きな示唆があると感じました。

そして、「君には無理だ」と言われ続けて、「それなら自分が正しいことを証明する」と行動するところは、とても応援したくなるし、とにかく多くの方に知って欲しいストーリーです。

2019年にはZoomのエリック・ヤン(「まだ」2兆円企業だった時です!)氏に渡米した理由、そしてZoomを立ち上げた理由などを聞きました。

2019年8月
https://newspicks.com/book/1542/article/4115920?ref=book_1542

お二人のお話を聞くと、どう起業家の熱意から企業が生まれ、それを助ける同じ思いを持った人がいて、どう産業が作られるのか、その流れが立体的にわかります。
最高に面白いインタビューでした。

Zoom創業者のエリック・ユアンの成功は、いまや有名になりました。かつて中国の山東省に生まれ、英語も喋れず、何度もビザ取得に失敗しながらも、アメリカに渡ってきた技術者です。

しかし、いまや10兆円企業となったZoomに、誰よりも先に目を付けて、株式の約10%(単純計算で時価1兆円)の巨額リターンを上げた、異端の投資家のストーリーはこれまで語られたことがありません。

それがサンティ・ストボウスキー氏(エマージェンスキャピタル)です。

アルゼンチン出身で、エリック・ユアンと同じように、シリコンバレーから拒絶された経験をもつ投資家のストーリーは、どのように稀代の投資を成功させたのか。アウトサイダーとして、どのように戦ってきたのか。

貴重なインタビューを、ぜひご一読ください。
サンティの話を間近で聞いていて、この起業家のためになんとかしたい!という思いの大切さを改めて感じされられました。

記事でも触れられている通り、Zoomの当時の財務状況を考えるとエマージェンスからの投資を必要としていなかったかも知れません。しかしエリックはサンティの思いに惹かれ、投資を受けることを決めました。このエピソードは投資家こそが選ばれる側で、どんな貢献ができるかがすべてという点を物語っていると思います。

以前の企画でも登場したジェイソン・グリーンを始めとし、チーム全員が起業家への貢献を第一に考え、組織としてサポートできる仕組みを作っているVCがエマージェンスです。ぜひ多くの方にこのファンドのことを知って欲しいですし、今回のエピソードが日本のVCの発展のきっかけになることを願っています。
日本においてEmergence の知名度は高くありませんが、2010年代の世界のSaaSトレンドのきっかけを作ったVCといっても過言ではありません。
投資先もプロダクト・ドリブンのスタートアップが多く、今回のサンティのエピソードで、プロダクトに向き合っているからこそであることがわかります。

Emergenceの創業者、ゴードン・リッターが2002年にSalesforceに投資したことが始まりですが、なぜSaaSへの投資をはじめたのか、下記のインタビューも聞き応えがあります。
https://www.realvision.com/understanding-the-saas-investment-model

なお、記事中に登場するzoom創業者エリック・ヤンの企業ストーリーは下記記事で語られています。
https://newspicks.com/news/3849908
サンティはエマージェンスの次の世代を担っていく中心パートナーで、最も注目されているVCの一人です。彼とはKFPの同世代の人間でキャリアを積み上げていくのを近くで見てきました。常にとても刺激を受けています。

ZOOMに続いて、クリアバンク、コーラスAI、ドリスティ、プロジェクト44に弊社は共同投資し、協業しています。Emergenceの会社はA16Zのような派手さはないかもしれませんが、堅実でしっかりと実のある会社で、着実に成長し、しっかりと売上、利益を作って成長していきます。Emergenceが見ている会社は「間違いない」会社が多いと業界では言われています。

また、彼らはロングタームにサポートをし、うまくいかない時期があっても継続サポートを続け、上場後もサポートし続けるということでも知られており、起業家からも高い評価を受けています。その結果、彼らの投資先の従業員が起業するときには真っ先に声をかける先という評価があります。
日本での知名度はそれほどかもしれませんが、間違いなくシリコンバレーを代表する尊敬すべきトップファンドです。
EmergenceのZoom投資は有名ですが、舞台裏のキャピタリストの話は知りませんでした。他の多くの投資家が一笑する中で、Zoomを信じ続けるスタンスはまさに(ピーターティールも言っていた)「Contrarian」を現わしていると感じますが、実際の組織内での意思決定の仕組みがどうなっているのか興味があります。

・どの様に少数意見を拾い上げる工夫をしているのか。創業パートナーであれば、他のパートナーが反対していても投資を押し通す権力がありそうですが、若手がユニークな案件を持ち込んだ場合は、どうするのか。

・スペシャルなリターンをもたらすような案件は、パートナー内での意見も分かれる場合が多いのではと想像しますが、「全員一致の場合は投資しない」といった特殊なルールを設けているのか?

また、もちろん割と早い段階で投資したEmergenceのリターンは大きいですが、Zoomの場合はコロナの影響も相俟って、上場後に時価総額が10倍近くなっている所が凄まじいです。VCとして株を売却するタイミングをどう決めるのかも気になります。
とても面白かったです!名だたるSaaS企業の過去の投資を調べると大体いるエマージェンスキャピタル。

サンティ氏はUS出身でない中、活躍されており気になっていました。
本インタビューで、彼らのポートフォリオを示す象徴的な二点がわかったことが発見でした。

"どうやったら、自分だけのニッチ分野を開拓できるだろうか。その分野の90%以上のスタートアップを見渡して、ベストな企業を選べるようになるだろうか"

"ここに、ベンチャーキャピタルにおける多様性の大切さがあります"

頭ではわかるものの、多様性は実際にその状況に接さないとなかなか真に気付きにくいので、Zoomの詳細なエピソードは面白かった。「証明したい」サンティ氏の思いが、エリックに届いたんであろうこともわかりました。

また、巻末の注目投資もどれも面白い!日本にもハマりそうなサービスばかり。日本のスタートアップも企業DXとFinTechがお金を集める流れが続いているので、数年後にこれらの類似企業が日本でも注目を集めそうですね
Zoomの話は語りつくされていますが、このVCの話は初めて読みました。まだまだ、シリコンバレーも捨てたものではない、と少し元気が出ます。
"アルゼンチンに住んでいる、自分のおばさんにZoomを使うためのURLを送ってみました。彼女は英語が話せませんし、テクノロジーにも疎い。しかし多くのビデオ会議ツールの中で、私のおばさんが使えたのはZoomだけでした"
VCの世界は前例主義が横行している。ラテン系というだけで、成功者がいないから雇えないとは悲しい。それを打ち破ったサンティさんですが、その過程で相当辛酸をなめたでしょうね。


エマージェンスの投資先にはユニークな会社がありますね。クリアバンクの思想はすばらしい。すでに上場しているビルコムは、いま注目が集まっているB2BのFinTechです。

サンティさんの、じっくり話をするという姿勢はすべてのビジネスに通じます。
この連載について
新しい産業をつくりだす黒子であるベンチャーキャピタル。米国で16兆円を超える、スタートアップ投資の仕組みと最先端を徹底取材する。