新着Pick
509Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっと突っ込みたくあるくらいいい話。昨日のExecutive MBAのクラスで多様性に関する質問が出て「同じサイズのレンガを積むか、形も大きさもばらばらな石垣を積むかの違い」と簡単に答えたのですが、手間がかかってもそれぞれの能力を生かした強い石垣が作れていると感じました。
「最終的に行き着いた答えは、やはりチームで戦うことが大事だということ。」

一番大事な学びは意外とシンプルで当たり前だったりしますので、こういった記事を読むとピンと来ない人も多いはずですが、重要なことは正解を人から聞いて得るのではなく自分で考え抜いた末に行き着くことだ思います。

この方はこの結論に至るまで100冊もの間自分に問い続けたからこそこの結論に価値があるのだと思いました。なのでやはり何事も本質的なことは人に答えを求めず自分で導くしかないですね。
READYFORの米良はるかCEOの連載第6回です。
---
お金を必要としている人が声を上げ、その思いに共感した人が寄付というかたちでアクションを起こすクラウドファンディング。

この業界を牽引するのが「READYFOR(レディフォー)」だ。2011年、22歳で起業した米良はるか氏は、資本主義ではお金が流れにくいところへ迅速に流す仕組みをつくり、社会を変えようとしている。

目指すのは、国に代わるほどの金融機関という。米良氏が描く理想の社会とは。(全7回)

■第1回 クラウドファンディングで社会問題を解決する
■第2回 支援が少ない分野にお金を流す仕組みをつくる
■第3回 アイデアを持つ個人の活躍の場が広がる時代が来る
■第4回 人生に「起業家」という選択肢を
■第5回 パッションだけでは成長しない
■第6回 「100冊読書」歴史上のリーダーに学んだ結論
■第7回 キャリアプランは不要、一瞬一瞬を楽しく生きる
一人では成し遂げられない事を、チームだったら成し遂げられますよね。いくら個人が強くても、チーム力には勝てません。
One Team!
「時代の流れや面白いと思う人に、より素直に流されてみようと感じています。」

簡単に聞こえますが…一番、実施することが難しいことですね。

本当にすばらしい。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
いい連載だ
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。