新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学校教育を考える上で とても参考になる。
記事で「教師の役割にも当然、変化が起こる。「一方的に教える人」から、生徒の主体性を後押しする「ファシリテーター」や「コーチ」としての役割が大きな比重を占めるようになったのだ。このことは、今、全国の教師に必要な資質と言えるだろう。」とある。 教師に求められるスキルに大きな変化が起こりつつある。 コミュニケーションスキルを重視した採用やトレーニングが早急に必要。
面白い記事でした。昔ながらの伝統ある文化の変えてはならないものは守り、攻めの部分として教育の変革に必要な手段を早いスピードで導入される両輪を実現されていますね。
日本の先生は子供を預ける身として見ていても本当にご多忙でいらっしゃいます。変化が激しい環境に、その教育のコンテンツをあわせ、子供達に教えていく形で日々頑張ってくださっています。ですが一方通行の情報の伝達では子供の頭に知識としてさほど残ってはくれず、子供たちも自主的にその知識を使って活用してこそ、はじめて刻まれ身に付きます。
ICT環境はあくまでプラットフォームでありツール手段ですからそれを整えた後にどのような、インタラクティブな教育を推進するか興味深いですね。チームワーク、課題解決、そしてデジタル技術を用いた新たな付加価値、教育の幅が広がりますね。
鎌倉に住んでいた私の高校生の頃は、音楽をやりたい女の子が行く、校則の厳しい高校というイメージだった北鎌倉女子高校ですが、今はそんなに変わったんですね。
私の時代は高校はどこも大差がなく、単純に偏差値だけで教育を測る時代でしたが、今後は教育も多様性が出て、その内容によって学校を選ぶ時代なっていくかも知れません。
教育関係の方も是非積極的に新しい教育のメソッドをどんどん取り入れて、次の時代の教育を実践して欲しいですね。
手段ではなく、本質的な目標設定が大切。

「学習したことを再現できる」
「それらを使って何を実現していくのか」

この2つを徹底的に考えた取り組みが素晴らしい。パソコンやタブレットを配布すればなんとかなるなんて、手段の1つにとどまらない。

ICT活用の価値ある実践例として、見習うことが多いですね。何が大切なのか、いま一度しっかり考えましょう。
「アップル認定校」とはすごい響きですね。
そんな「お墨付き機能」まであるとは、公的機関さながら。
北鎌倉女子学園は素晴らしいですが、そちらに驚いてしまいました。
同じ駅を使う鎌倉学園出身ですが、当時鎌倉女学院と比較して、かなり地味な印象でしたね。
施設や人材が同じでもリーダーが変わると、こうも変わるんだという象徴ですね。
逗子開成も私の高校時代から大きく変わりましたし。
>各教室にはインタラクティブ(双方向的)に動作する電子黒板機能付きプロジェクターと、Apple TVを設置

テクノロジーを活用する事で、先生と生徒の情報共有が成立する。日本の詰め込み授業から大きな変革を期待したい。
教育変革の具体策がツールとしてのIT導入であり、結果アップル認定校になったという流れが素晴らしい。

教員はコーチやファシリテーターというのもその通りかと思う。このコロナで、教育や教員の存在意義が問われる事態になったけど、意識変革を進められるところとそうでないところに分けられた感がある。
財源に余裕のある私立ならでは。とも感じてしまいました。

インターネットの普及により個人の勉強がしやすくなるとは言っても、道具の適切な使い方がわからなければ宝の持ち腐れ。

テクノロジーに理解のある教員が特定の学校に偏ってしまうと、子供達のテクノロジー習熟度に大きな差が出てしまう。
アップル認定校がどこまでいいことなのかは知らないが、厳しそうで地味だった(失礼)あの北鎌女の変化に驚きました
(同じ北鎌倉を利用する鎌倉学園卒です)
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績