新着Pick
312Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
このあたり興味ある。都市部に集中したほうが自然も守られるし、インフラも効率的。
富山の例みたいに、地域単位でのコンパクトシティ化は応援。それと同時に道州制も進め、地方分権を進めて競争化させていってほしい。
都市集中化は効率という観点ではそう、特に都市国家ではなく日本くらいの国土がある中で少子高齢化進む中では。一方で、都市集中化することは、災害リスクなどが基本的に高まる(集中化+対策という部分で、コスト効果あがる可能性もあるが)ということは認識が必要。
これが理想やね
「分散されたコンパクトシティ」が理想。東京一局はもう限界。企業が地方都市を応援する形を取ると良い。日本だと福岡に可能性を感じる。
一方でムラやハカの問題はなくならないし、無くせない。
社会インフラは面積辺りで決まるコストが多いので、密度の経済が効きまくる。国土の均衡ある発展は成長しているフェーズではうまくいったかもしれないが転換が必要。田舎にすむのは個人の勝手だが、相応の不便は仕方ないし、成熟社会では最大多数の最大幸福を追求していかざるを得ないと思う
高度成長で無秩序に拡大した市街地を、コンパクトに再構築する良い取り組み。
町づくりは100年くらい時間をかけて腰を据えてやることが重要だと思います。
都市部と都市近郊、そして田舎へとグラデーションができてくるはず。
で、田舎は一部の農家か、自然回帰信仰者たちの居場所となるでしょう。
医療と防犯さえ諦めれば結構な問題はコンパクトシティ化しなくてもなんとかなる時代。ただその二つを諦めるのは難しい。医療の方は諦めたら医療費減って無駄な延命も無くなって大往生できるかも。防犯は厳しいなぁ。うちの実家は平和なベッドタウンだったのに一晩で50台くらい車上荒らしにあった。犯人は中国人。
高齢者は特に都心と相性が良いが、心情的な問題や、近所付き合いなど難しい問題も多い。数十年後には自然に都市集中してるんでしょうが。