新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も40代の半ばになってから「未経験の業種」に転職した口です。自分がやりたかった、ずっと関わってみたかったプロダクトのマーケティングに携わって既に4年。やりがいを感じてきましたし、思い切って挑戦して正解だったと感じています。

ただ、私の場合は「未経験の業種」ではありますが「未経験の仕事」ではありませんでした。全く素地がない、本当のゼロからのスタートだとすると、かなりの勇気と準備がいると思います。
わかる。わかります。
私の場合は転職ではなく、異業種での起業でしたが、苦しくても体力で押し切ることができる最後だと思いました。それなりに知恵もついてきたけど、もう一度チャレンジしたい、と言うのは同じ気持ちです
"今まで経験したことのない仕事にチャレンジするには今が最後になるのではと感じた"
40代の者として共感できる、そして元気が出るアンケート結果でした。
40になって若い頃より体力で乗り越えるというのが難しくなり、しかしながら子供が少し大きくなってきて自分の時間も持てるようになってきており、改めて自分のやりたいことを考える時間は増えました。
40代楽しみたいなと思っています。
40歳でほぼ未経験の大学の仕事に就きました。
就く以前には、大学でのキャリアカウンセラーや、非常勤講師(大学や専門学校)はしていましたが、フルタイムの常勤は未経験でした。これもたまたまタイミングがあった(まさにプランドハプンスタンス)のとご縁があったからです。

これまでも、異業種転職や未経験業界での起業、未経験職種への転職などしてきてるので、新しく何かを始める経験には富んでいたことはあります。有期雇用ですし、いつかは大学教員辞めるときもあるでしょう。そのときはまた新しいことするかもしれません。そこはあまり年齢関係ないかな、とは思います。変化に対するマインドセットかも。あとは、収入面で、子供の教育費は稼がないといけないので、その点は制限要因にはなりそうです。
未経験の職への転職は、想像以上の収入減となることが多い模様。しかしその反面、転職して良かったと思う人が大多数。
どれだけ働きたくない職場だったかも気になりますが、前職と転職後を比べて、納得できないという状況を受け入れられない人が一定数いることも関係しているのでは?と思いました。
そりゃぁ、転職して収入減って、やりがいも前より無くなったなんて、信じたくないでしょう。
よかったと思う理由としては人間関係の問題からの解放が挙げられますが、人間関係を引き合いに出した場合自分に問題があることも多数。
私は転職後収入増える、人脈が広がる、やりがいを感じられる、仕事内容に満足できている、人間関係が良好である、といった項目を簡単にクリアするのは難しいと感じる。
何歳になっても始めるのに遅すぎることはない。

そういう意味では、1位はいい傾向だと思います。

2位に「倒産・解雇」が入っているのは、厳しい現実を反映していますね〜。
40代で未経験の仕事に転職した理由として、「やりたい仕事&新しい仕事への挑戦」が一位だが、経験や能力を買われての転職か、自己都合かが気になるポイント。

経験や能力を買われての転職なら良いが、正直なところ、全く未経験な40代の転職は、かなりハードルが高いように感じる。
そのため、じつは年収の減などのマイナス要因があっても、人間は自分の決断を肯定しようとする心理が働くため、それを「やりたい仕事や挑戦」という言葉に置き換えている可能性もある。

まだ激務から離れて肉体的にも精神的にも楽になるため、年収減でも転職に満足という方が理由としては納得するところだが、もしかしたら、今は「40代の新しい仕事への挑戦」を受け入れる人材マーケットがあるのかもしれない。
何歳になってもエネルギッシュに誰もが自己開発できる時代が来ることを願います。