新着Pick
405Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本のエネルギー政策は間違いだらけ

菅直人政権の原発停止
安倍政権の電力自由化
菅義偉政権のカーボンニュートラル

は全て間違い

日本に必要なのは

- 既存の原発再稼働
- 高効率石炭火力の増設
- 新型原子力の技術開発

日本の石炭火力はクリーン
https://t.co/eJsKBvu2gR

世界中が原発を推進している
https://t.co/RfZUC8O6d1
人気 Picker
理論的にはできないわけではないと思いますが、実際にあり得るとは思いませんでした。今はこの量でもありがたい・・電源開発さんの英断に感謝します。
大場さんが指摘されている通り、この松島火力は、昨年から経産省が進めている「低効率石炭火力2030年までに廃止」の対象。でも、今の段階では、本当にあって良かった・・。

Jパワー、非効率石炭火力 2030年までに廃止・建て替え
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65686280Q0A031C2TJC000

LNGの調達が世界的に難しくなっている、
原子力は止まったまま、
多くの太陽光は雪の下(今日の九州地域では結構発電してくれたようですが、需給が一番ひっ迫する19時には残念ながら貢献ゼロ)
https://www.kyuden.co.jp/td_power_usages/pc.html
風力は「冬に強い」とも言われますが風が強すぎてもダメ(今日の東北地域は、太陽光も風力もかなり低調だった模様)
https://setsuden.nw.tohoku-epco.co.jp/graph.html
要はカンペキなエネルギー源はないので、多様な手段と余裕を持つことが必要です。平常時には、それは「無駄」と言われますが。

なお、こういうピーク時に稼働することが期待される石油火力ですが、高コストと環境性の問題からここのところほとんど使われてきませんでした。そうなると発電所が保たれていたとしても、燃料調達のサプライチェーンが細ります。
電力全面自由化の前の2016年度末と2019年度末で、原油と重油の年度末在庫を比べてみると、両方とも二桁減です。容量市場によって、発電所の維持費用を回収できたとしても、こうした燃料調達に関わるインフラは燃料費の中で賄われるので、消費量(発注量)が減ると維持できなくなるので、例えば例えば、備蓄基地から発電所に燃料を運ぶ内航船の数も相当減少しています。

自由化するときに、こうしたサプライチェーンの維持も含めて課題認識をちゃんとしていたんですかね?当時の議論から、ちゃんと検証すべきだと思います。というあたりを書きました↓
http://ieei.or.jp/2021/01/takeuchi210111/
"停止中の発電所は石炭をくだく設備が故障している"

これが停止理由でしたか。

もともと50%の重油混焼を行えるよう設計されたものなので、重油供給のシステムはあるはずです。一般に重油より石炭の方が燃やすのが難しいので、理屈上はできるかなという気がしますが、あまり聞いたことがありません。それだけ需給がひっぱくしているということでしょう。

石炭専焼ボイラなので、着火用の重油となるとA重油かも知れません。

歴史的には、石油火力を減らすために石炭率をあげてきたという歴史があるので、その歴史の逆をいっていますね。

HJKS(Hatsuden Joho Kokai Shisutemu)
https://hjks.jepx.or.jp/hjks/outages

によれは「石炭系統不具合」「ボイラ関連設備トラブルによる」とありますがよくわからないですね。

石炭ミルは昔のタイプはバネで力を調整していたため、異物混入等があるとしばしば破損していましたが、最近はもっと動的な制御を行って、殆ど故障することはなくなっていたと聞いていました。(松島は旧型のままの可能性もありますが)

この松島火力は、1981年運開の日本で初めての輸入炭による超臨界石炭専焼火力で、現在の日本の石炭火力のさきがけとなったプラントです。

昨年から経産省が進めている「低効率石炭火力2030年までに廃止」の対象とされています。

Jパワー、非効率石炭火力 2030年までに廃止・建て替え
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65686280Q0A031C2TJC000

今回の緊急稼働で方針の見直しがあるのでしょうか。

追記
NPで脱炭素特集がされているのがタイミング悪いのは否めないですが、昨年から企画されていたでしょうし、私も現在は脱炭素の仕事ばかりやっています・・・。頭が切り替わらない笑

なぜこんなことになったのかについての政策的な分析は(有料ですが)↓で書いたので、モシそういうのが好きな人は読んでみてください。
LNG火力依存世界一のニッポンの電力危機
https://newspicks.com/news/5529032

追記2
J-Powerの人に聞いたら、過去にも石油だけでの運転の実績があるようです。備えあれば、ですね。
さすがに元々こういった運用を全く想定していないわけではない(だから踏み切れる)と思うが、通常運用とは違う形をすることは設備などへの影響も気になる。
それでもやらざるをえないほど電力需給がひっ迫しているというわけだが、十分にアナウンスメントがされている印象はない…

下記で電力各社の時間ごとの使用状況が見れるが、東電について見てみると寒波と3連休明けのコンボで、今日の使用量は過去30日で圧倒的に多い(他電力は東電ほどではないが、最も高かったり高水準ではある)。ひっ迫度では、関電や九電が高い。
http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/energy/electrical-japan/usage/3.html.ja
以前は、エアコン利用を効率よくする為に、各自が家でエアコンをつかうのではなく、図書館などで昼間は過ごす…などが推奨されていましたが、今は、家族でもなるべく密を避けるのが鉄則。かなり厳しい局面です。
夜は、鍋にして暖を取るべきかと思案中。
Jパワーが停止中の石炭火力発電所を緊急稼動させるとのこと。定格出力50万kwのところ、半分程度の出力ですがそれでも稼動させねばならぬところに緊急性を感じます


松島火力発電所については下記。
https://www.jpower.co.jp/bs/karyoku/open_day/matsushima.html
一昨年実績で2割の原発しか稼働してないので、緊急事態として残り8割を動かせば解決しそうなのに。
国策でつくられたJPOWERさんが、石炭火力発電は悪と言われながらもバイオマスを石炭と混焼したり、涙ぐましい努力を続けたうえ、現在の稼働停止に至っているかどれほどの方がご存知でしょうか。

JPOWERさんは水力発電、風力発電で国内最大手の直業者です。古くは海外でもみ殻発電も商用化しています。

こういうときだけ、ありがとうございます!と態度を急変なさる方がおられるとしたら、まだまだ日本を中心としたエネルギー事情が知られていないのだろうと思います。こういうトピックはdecadeレベルで語るべき。急に振りすぎかと。
J Powerさん、ありがとうございます。
電力不足問題の危機感が増してきてますね…
電源開発株式会社(でんげんかいはつ、英語: Electric Power Development Co.,Ltd.)は、日本最大の卸電気事業者である。愛称はJ-POWER(ジェイパワー)。 ウィキペディア
時価総額
2,965 億円

業績