新着Pick

ゴジェックがトコペディアと合併協議、新会社のIPOも検討-関係者

Bloomberg.com
インドネシアの配車サービス会社ゴジェックは、ネット通販のトコペディアと合併について協議し、交渉は進展していると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リー記者からはたまに取材を受けますが、当たり前ですが記者の基本として内部者複数から聞いてちゃんと書いてる人にて、少なくとも協議している事は事実でしょう。協議が成立するかはまた別問題ですが。

しかしいかにも世界ユニコーン戦国時代を象徴する複雑も面白いディール。

東南アジアではUberを打ち負かして吸収したライドシェアトップのGrabとこのGojekが一騎打ちです。その意味で公正取引にどう見てももとるGrabとのそれよりずっと筋が良いとは思います。 https://newspicks.com/news/5308236?ref=user_143212

しかし一方、Gojekのぺイメント事業Grab-Payはインドネシアでは大手一角ですが、その最も強力な対抗馬がOVO

このOVOは元々財閥リッポーが始めたが、リッポーが不動産で不振に陥った事もあり昨年株の多くをソフトバンクに売却、それを機にソフトバンクが筆頭株主のGrabと接近し、Grabのインドネシアにおけるペイメント事業はOVOに寄せている資本業務提携関係にある。
更には、Tokopediaは自前主義を捨てペイメントはOVOと組んで資本業務提携している。

という関係にありながらも今回TokopediaはOVOを捨ててその敵方のGojekと組むかも、という話。

但しTokopediaの外部筆頭株主もまたソフトバンク。
その意味では本ディールが実現するとTokoでは勝つが、Grabにはアゲインスト、というのがソフトバンクの立場。
まだまだ予断は許さない。
上場観測がある中で、直前でこんな一手を打たないといけないほど、上場が難航しているのかな、と見えてしまう。
上場、投資家視点で見ると、何の会社だかわからない会社になってしまう。Shopeeの脅威がそれほどなのかと。
Grabとの統合交渉が佳境に入っていたとの認識であったが、トコペディアとの合併対案の検討に入った様子。インドネシアはモビリティサービス2大勢力が激突する市場であり、東南アジアで唯一健全な収益化の目途付けがつかない。先行きは更に混沌とする。GrabもSBVF、トコペディアもSBVFということで、Gojeckがどっちに転んでも手に入れるのはSBVF。
利用者としてはゴジェックがGrabと合併するよりはトコペディアと合併してもらった方がシェアライドが独占化されないので歓迎です。
合併後は、SPCAでの米国上場も検討しているとのことです。
蛯原さんがご指摘のようにGrabとGojekの合併話は、実質的な独占あるいは寡占が進んでしまう点で懸念がありました。他方、TokopediaとGojekはECとロジスティックスというシナジーが生まれやすい組手とも思われます。加えて、こちらも蛯原さんがご指摘されている決済という視点もみていく必要があります。

インドネシアなど新興国では、物流は大きな課題であり、ここ10年ほどで同分野にスタートアップが参入したことで、利便性が向上しています。まだやるべきことは様々あり、まだ確定報道ではありませんが、ECと物流の代表的ユニコーンの接合という動きは要注視と思われます。
これは決まれば東南アジア1のビックニュースかも。続報に期待。
え?tokopediaって上場目指すんじゃないの?

https://news.yahoo.co.jp/articles/87ee24ba837ff687fe485a01c6f5d867ebec8607

二社合わせて1.8兆ドルだと、それぞれの上場時の時価総額の合算より小さい気がする。
ゴジェックとグラブの合併交渉が難航で、今度はゴジェックとトコペディアが協議開始。統合後の企業価値は180億ドル、流行りのSPACでIPOを検討。孫さんとしては何がなんでもゴジェックを手に入れたいんだろうな〜 グラブとトコペディアは外部筆頭株主なので
独禁法を後から出すか事前に出すか的な話ともとれないか。競合を一掃した後に解体するのが良いのか、早めに競争を維持するべく環境を作るのか。短期で巨大資本が市場を制する時代での官の腕の見せどころ的に見えなくもない。
インドネシア市場熱いですね。