新着Pick
1577Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
KPI解説記事の第二回です。今回はKPI同士のつながり、たとえば「本当に広告宣伝すれば売上は上がるのか?」を検証する相関分析について紹介します。

オリエンタルランドの決算資料、マクドナルドのニュースなども紹介しながら、KPIのつながりを簡単に分析してみました。

みなさまのKPI策定の参考になれば幸いです。
KPI設計疲れ、運営できるKPI(体力を残すこと含め)というのは本当にそう思う。
個人的には、現場で「勘」がある人を、設計するのが上手な方がサポートして(それが一人でできればもちろん素晴らしいが…)、1丁目1番地を決めることが重要だと思っている。それで運用してみる。そして運用して回り始めて、部署などをより細かく分けて精緻化していくフェーズになったら、さらに掘っていく。事業のフェーズで何がフォーカスかも変わるし、その際に上位をいじれば下位も変わるし、上位は変えずに下位だけ変えて精緻化するフェーズもある。その全体感と、どうしてこれを掲げているのかというアラインメントが最重要だと思う。
KPIやデータの活用という点で、下記のワークマンの考え方も、興味がある方は併せてご覧頂きたい。
https://newspicks.com/news/5295098
もう一歩踏み込んで回帰分析までとはいかないのでしょうか?他の要因をきちんとコントロールしないままcorrelationだけ見るのはmisleadingな結果を招くことがある、ということも知っておきたい点ではないでしょうか。
KPIがやたらと細かくなり、管理するのが大変になって、いつしか気にされなくなった・・。これは典型的な「失敗あるある」だと思います。このような「機能しないKPI」の罠を回避するためには、どのようなスタンスを取ればいいのか。今回も納得感しかない内容です。
サブスク課金型チャレンジャーバンクのスタートアップがよく設定するKPIは、新規顧客の獲得数です。そのため、まずは無料で新規客を集める。それを有料客に育てていく。しかし、このプロセスがむずかしい。新規客の増加は有料客の増加という相関関係にならないからです。

最初から有料顧客の獲得をKPIにおくと、収益性との相関関係がみえてきます。
ロジカルシンキングという抽象表現を言語化した時、僕はMECEな分解と分解したもの同士の因果関係を可視化できることだ、と思います。

KPI経営はまさにそれに似ていて、改めて経営のサイエンスというか理解の体系が進みました。面白かったです。

その上で、その前提は昨日と同じ世界が明日も続く構造であること。ファクトが過去に起こったものである以上、ファクトに基づく意思決定は過去の延長で未来を予測する技術でもあります。

まさに記事にもありますが、KPIはめちゃくちゃ大事ですが、同時に過度に依存しないことも大切だと思いました。
「ありたい姿」によりKPIが決まるので、最初に「ありたい姿」を決めることが先決ですよね。

間違ったKPIを設定すると、間違った方向と間違ったゴールに向かってしまうので、要注意です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
成果を出す為に自分が自分で見える化したい指標を使う^o^
KPIそのものが期待効果をきちんと生んでいるかのレビューは大切だなと。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。