新着Pick
345Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大阪府の本日の会議資料によると、

新規陽性者の発生動向(11/26~12/2)は前週比1.1倍とこれまでの取組みの効果により鈍化し、感染拡大傾向には歯止めがかかりつつあるが、引き続き多数の感染者が幅広い年代で確認される一方、 重症病床使用率が70%を超過すると見込まれることから、感染拡大を抑制し、医療提供体制への負荷を減らす必要がある。

との理由で非常事態(レッドステージ)が宣言されました。
これは、緊急事態宣言に準ずるレベルであり、短期間で府民に行動変容を促すことを目的にしています。
なんとか乗り越えて、府民みんなで良い正月を迎えたいところですが、特に事業者にとっては試練の二週間となりそうです。
大阪、外出自粛要請出ましたね。
せめて少し時間置いてからの外出自粛かなと思ってましたが、医療体制がすでに逼迫してるとのことで、待ったなしでしたね。

遅すぎるより今やった方が絶対良いので一定評価されて良いと思いつつも、もう少し余裕持って準備させてほしいかなとは思います。せめて2日後からとか。
太陽の塔や通天閣も、赤くなりましたね。報じられたコロナ専門病棟の相次ぐ退職者など、現場の負担を考えるとやむを得ないと思います。一方で、こうした中でもGoToキャンペーンを来年6月まで延長を表明するなど、政府のチグハグ感は否めません。
ついこの間までは優等生だと思っていた大阪がいつの間にか大変な事態に追い込まれています。大阪都構想の住民投票で、行政にも隙間ができてしまったのか。先手先手のはずが後手に回ると一気にここまで追い込まれることを教えられるます。とりわけコロナ専門病院として全国から注目された十三市民病院の苦闘がそれを象徴しています。コロナ専門に衣替えした後、医師10人・看護職員22人が離職しました。医療が人によって支えられていることを痛烈に浮かび上がらせました。十三市民病院の西口幸雄院長は、医師や看護師らの離職の背景についてこう語ります。毎日放送の報道から引用します。
「特に外科医とか内視鏡を使う医師はもっと技術を磨きたいと。将来のことを考えると、自分はこの病院でやるべきではないと離れていく。看護師はしんどい思いをして、いろんなケアをして、毎日毎日やっている。先がなかなか見えない。心の葛藤をしながら働いているが、辞めていく方もいる。」
中等症病床を90床確保していますが、現在は60床を稼働させるだけで精一杯だといいます。なんとエクモもないと。
大阪、旭川で起きていることは、あしたの全国です。政府はモタモタしないで一刻も早く本気モードに転換しないと。
ところで本当に純粋な疑問なんですが高々500人ほどの重症者で医療逼迫するのはなんでなんですかね?欧米は二桁違う中どんな状況なんでしょう?日本の方が同じ重症者でも手厚い医療が受けられていている?もしそうだとすると日本の致死率を抑えられているのは今の医療レベル前提でより医療が逼迫したら致死率も上昇する?
何かここに日本の医療の構造的な問題がありそうな。

現場の医療従事者につきましては頭が下がります。ありがとうございます。
てっきり、大阪府独自の緊急事態宣言が出るかと思っていました。

とはいえ、外出自粛となると「自粛警察」の目を気にする人たちがたくさん出てきます。

飲食店にとっては、時短以上のダメージがあるのではないでしょうか?
大阪府の最大の問題点は、感染経路が特定できていないことだと思います。そこができていなければ、自粛しようが医療キャパシティを増やそうが無駄になってしまいます。
ウイルスは行政区分を知らない。大阪が危険なら、近隣の府県も危険だろう。

危険なのは、医療体制で感染とは別次元。
崩壊したのは防衛線で、敵の攻撃が勢いをましたのではない。

だから、医療体制が崩壊した所へいくべきではない。3密維持では医療制度の立て直しはできないと思うのだが。

医療体制の崩壊と感染拡大が微妙に誤魔化されている。
囲みの会見で吉村知事は、不要不急の外出を控えて欲しいと言うところで、外食に出ることを止めることはできないが、できる限り外出を控えて欲しい。と非常に厳しい内容を発言されています。医療崩壊を起こさないためにも、年末年始に重症者病床が100を超えているような状況を回避するためにも2週間の我慢で数字を抑える努力を行なっていきたいと思います。
コロナ患者だけではなく、病床逼迫になると本来治る患者は治らない可能性が出てくると考えられます。

そうならないように不急不要な外出を控え、3密を避け、マスク、手洗いを撤退しましょう。