新着Pick
505Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が以前TVCMやウェブサイトなどのコーディネートなどGUのスタイリングディレクションを担当させていただいていた頃からは、GUは非常に大きくブランド戦略が変化しました。

消費者が、スーパーでの買い物の際に、特に野菜などの生鮮食品の価格の差を他店と比較します。そんな消費者心理にもフィットする、更なる低価格戦略。

「他の競合よりもトレンド衣料を1円でも安く商品を提供する」という、アパレルとしても新しい差別化戦略でもあると思います。

特にトレンド衣料は生鮮食品と同じ、生モノです。
ファストな提供スピードと鮮度が大事だと思います。
ZOZOなどECプレイヤーとの競争を見据えて、SCM、物流、サイズ展開含めた商品力。全て将来を見据えた戦略であると予想する。

ブランド認知もそうだが、値下げにより一気にSCMを押さえていく。商品自体は飽きがあるかもしれないが、企業力の差はどんどん他の企業と差が開いていく。

低価格の定番品をサイズも含めて購入することに慣れれば、ユニクロも含めてネット購買への誘導が容易になる。
ファストリは、コロナ禍で一人勝ちの状況だと思う。そしてSPA方式だから、こちらは価格を下げることでシェアやより広い認知、習慣化のキッカケにする(そして量を捌くことでコストを下げる)、そのリスクテイクをGUでするということに見える。
最近GU商品も当初より平均価格が上がっているように感じていたから、
3割値下げはユニクロとの差別化としても必要だったのだと思う。
特に地方店にいくと、激安店が乱立していて、2900円のワンピースですら、高く感じる。

ファストリ無双時代に、他のアパレルが歯が立たなくなっている。
安かろう、良かろうが可能になるグローバルな仕組みが出来上がっているから。

一つ言えるのは、その低価格はどうして成立するのか、消費者側も
考えなくてはならないと思う。

ファッションの二極化は止まらない。
機能性肌着は、ユニクロよりもGUの方が安く、機能も上で伸びにくく、圧倒的に良いですよ。素材メーカーが違う訳ですが、何でもユニクロが良い訳ではないですよ。
最大3割オフという英断を、業績UPに導けるサプライチェインを確立しているのは、見事だと思います。

コロナ禍の今をどう生き残れるかではなく、その先を見据えた戦略を打ち出し、競合といかに差別化できるブランド価値を創るかが大切ですね。
コロナ自粛は、ファッションへのお金の掛け方も変えたように思います。
自宅にいる時間が長くなると、普段着がより多く必要になりますが、一品単価に対する上限額がシビアになったと思います。

ユニクロでも高い…と感じる人の割合が増えてきているのかもしれません。
アパレルだと常識ですが、夏物と冬物で単価は大きく違います。
記事では「春物商品会で」とありますが、半分以上2500以下は冬物でもそうなのか、もしくは年間トータルなのか気になりました。
デフレ…なのかもしれません。全体傾向でみると。

ただ、蓋開けると、低価格と高価格の2極化、が進んでいるのではないか…と思えてなりません。ファクトチェックできてませんが…

圧倒的に安くて価値がある、高付加価値で価格も高い。

これは、消費者が、好きなものには徹底的にこだわっていて価値があるならお金も払う、けど、どーでもいいと思ってるものは安く済ませちゃう、という傾向がより強まっているから。

なのかもしれません。
もちろん値下げは消費者としては嬉しいですが、会社の儲けを大きくするだけでなく、利益を従業員へ多く返すような形を進めて欲しいですね。
コロナ禍で今後は以前のようなインバウンド消費が望めず、賃金ダウンが続くと思いますので、大きい会社の値下げ一辺倒は怖さも感じます。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.20 兆円

業績