新着Pick
503Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
菅さんの言ってる意味をみんな理解してもらえるといいな…。

つまり、もう、感染対策か?経済か?という単純な二項対立での議論は意味がない。

4月は、まだウイルスについて、わからないことも多かった。ワクチンの完成もずっと先だった。なので、感染対策に舵を切り、経済を停止した。国民もよく協力したと思う。

その後、倒産も失業も自殺も企業の赤字も増え続け、いまに至る。

GOTOトラベルは、給付とは大きく違う。
税金をテコにレバレッジをかけ、何倍もの経済波及効果を地域にもたらすものだ。

データの根拠もある。ジリジリするしイラつくのは、わかる。
でも、感染対策と経済のバランスをとりながら、アクセルをちょいっと踏んで、ブレーキをちょいっと踏んで、細い細い橋を、転落しないように渡って行かなくてはいけない時期なのだと思う。今は。

日経コラムに書きました。

▼GOTOトラベルの効用
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO66052640Q0A111C2XY0000
go to 批判派の対案として「直接給付」がありますが、観光ないしはその派生産業(交通や飲食、物販、などなど)にとって重要なことは「賑わい」でしょう。しかしながら、直接給付ではそうした賑わいをもたらすことはできません。
go to には効果もあるわけですが、批判派はその点には触れずに非常に感情的であるきらいが否めません。
枝野氏は政権が何をやっても文句を言う「文句のための文句」しか言いませんし、朝日新聞も同様ですから。
感染症拡大を徹底的に抑え込めば、経済的困窮や絶望感で失われる命が増えてしまいます。
GO TOをやめて困る人が増えたら、野党は舌の根も乾かぬうちに、なぜやめたんだ!経済の軽視だ!と文句を言うに違いありません。
予算委員会の審議も、伝統芸の領域ですし、それを取り上げるメディアもステレオパターンの報道です。読む価値も見る価値もないニュースです。
「恐怖の新型コロナ」意識を浸透させるというブレーキを踏みながら、GoTo政策というアクセルを踏んでも、消費活動はなかなか回復しないと思います。まず、新型コロナの低い危険性(日本では)を踏まえた経済・社会の在り方を再検討することが必要だと思います。
改めてこういう毅然とした対応こそがリーダーシップというものである
コロナ、治療法が確立されてきて被害は更に小さくなってきた。6月6日以降の入院後に死亡する割合、50歳未満は0%、70歳未満でも1984人中1人で0.05%。70歳以上は292人中32人で10%と跳ね上がる。

コロナは70歳以上の高齢者以外には全く驚異ではない。なので、ワクチンが出来るまで70歳以上はStay Homeの徹底。70歳以上と同居してる人や高齢者施設、病院で働いている人は細心の注意を払い、PCR検査の徹底。それ以外は手洗いや3密を避けつつも経済を動かす。

Go toを止めるとか意味が分からない。壊さなくて良い経済を自ら壊す。苦しめなくて良い人を苦しめる。こんなことは終わりにすべき!
賛成です。感染拡大防止を最優先しながら、経済を回していかなければいけない。具体的なデータに基づく柔軟な判断が必要だと思います。
菅野総理、正念場です。本当に難しい舵取りだと思います。1月1日から北海度のメーカー支援策として東京で物産展やりますが、旅行、観光、飲食、はもちろんのこと、販路を閉じていた影響で肉や魚などの在庫が生産者、加工品メーカーに溜まりに溜まっています。いきものは育成を止められないので本当にきつい。明確な感染症との因果関係はないが、なんとなく自粛、と言うムードが怖い
【感染対策を意識した経済活性化‥】

「GoTo」には感染対策のようそがほとんど含まれておらず、

「GoTo」キャンペーン中に拡大した場合の

リカバリーショットが検討されていなかったことは大問題です。

感染対策を大前提とした経済活性のキャンペーンにしないことには

これからの新しい生活様式で多くの人が生きていくことが困難です。

感染拡大が制御されていない中での経済活性化はあり得ません。

あ‥あと‥

何人かのコメントでコロナを軽んじる発言がありますが、

明らかに軽視できない‥人類にとっての厳しい強敵であると、

認識を改めることをおすすめ致します。
実際にGotoを使っていますが、確かに経済は回ります。
昨夜も「Goto」と「もっと東京」を使って都内に宿泊していましたが、では飲食費で使ってみようかとなるし、経済は回ると思うので、対策はした上で回していくのがいいのではないですかね。