新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不安な環境の中で、大手=安心感、からの現象だと思います。長期的に続くとは思えなく、大手は慢心してはいけない
まさに老舗ブランドの持つ強みですね。安心感は万が一の時のサポート体制でもあると思います。直接動くことが制限される今、何かあった時のことはこれまで以上に面倒ですから。

一方で老舗のデメリットは前例やルールが多く、新しい商品開発に時間がかかりすぎること。情報も技術もかなりがオープン化され、ファブレスなメーカーも増える時代、ポストコロナを見据えた新規参入の活躍も私は楽しみ!
ネットで買ったりなるべく急いで買ったりするなら、知らない商品が目的に合うか調べる時間が惜しいから、知っているブランドを買う。まさにブランドの持つ力の一つですよね…
コロナにより消費習慣は大きく変わりました。在宅の時間が増え消費財ニーズが高まり、ネットで購入が増えたため安心のブランドを好むようになりました。本当に必要なモノを吟味して買うようになったので、本当に良いものが残っていくでしょう。ある意味正常になったとも言えるかもしれません。
コロナによる消費への影響。店舗での購買時間を短くするためや、ネットで買うと検索するし特にスマホだと画面表示できる商品数は限られるので定番有利という可能性と、出かけられないので買い物くらいが楽しみなので新しいものにチャレンジしたり、家にいるので生活を快適にするようにこだわるようになったりして定番不利となる可能性とどっちもあり得ると思っていますが、定番を利するという記事
色々な商品カテゴリーで実態調査をしてみたいです
これは面白い傾向。日本とは状況が少し違うのかもしれない
"「プライベートブランドは、消費者向け包装商品(CPG)のカテゴリー全体でブランドの商品にシェアを奪われている」"
元々店頭で選んでもらうのが秒の勝負のコモディティ&安価商品カテゴリですので、安心安全ブランドをぱっと選択してしまうのでしょう。ECなら尚更で、安心安全ブランドでないと商品詳細まで見てもらえなさそうです。
不安の裏返しでしかない。
家にいることで家庭の消費財を使う頻度が増えたのは実感しています(トイレットペーパー、食器洗い洗剤など)し、もちろん手洗い用の洗剤の消費も増えました。面白い傾向だなと思います

業績