新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ずいぶん前ですが「男性とつきあう前に「お父さんは慶應の医学部かどうか」を必ず確認する」という女性の話を聞きました。初期の治療は慶應病院がリードしていて、精子提供は慶應の医学部の学生が行っていたというのは有名な話です。
つまり兄弟ではないかという懸念を払拭してからしか、付き合えないということ。本人にとっては深刻な問題です。こうした問題は必ずついて回りますので、非公開のドナーでも出自を知りたい権利は守られる法整備は必要でしょう。

そして精子・卵子バンクの両方を経営しているのですね。精子バンクは薄利多売(精子は安い)のビジネス。一方卵子は例え一個でも高い。精子の提供者に払われるのは5千円程度。一方卵子ドナーは6〜7000ドルの報酬です。希少性が全く違いますから、両輪で商売にする、または精子バンクは「規模のビジネス」になるのでしょう。

多くの精子バンクのドナーが「5-10名」というのは、驚きましたが、米国の精子バンクで百人以上の父親になった人が「自分は本当はエリートでない」と告白しながらも、多くの「子供たち」と交流する様子が話題になったこともありました。制限しないと百人ぐらいの子供ができてもおかしくないということです。
デンマーク発の精子バンク最大手の創業者へのインタビュー。取材に同席しました。

世界中で精子バンクの需要があること、産業として伸びてきた背景、ドナーの選考過程などがよく分かります。「日本上陸の条件」も興味深いです。

ただし、提供精子から生まれた子どもの「出自を知る権利」についての彼の見解は、あくまで1つの考え方として見る必要があると思います。世界中で、成長した子どもたちが、事実を突然知った苦しみや、ドナーがどんな人かを知りたいという強い願いを訴え、議論が進んできました。

彼らやその支援者の働きかけによって、スウェーデンや英国、オーストラリアのビクトリア州など多くの国・地域で、出自を知る権利を保障する法整備や、ドナー情報にアクセスする仕組みが整えられてきました。

提供精子・卵子を使った不妊治療は、生まれてくる子どもの同意を得ることはできません。だからこそ社会の側が、声を上げた当事者の言葉に真摯に耳を傾け、生まれてくる子どもたちの立場に立って必要なルールや仕組みを整えていく必要があるのではないでしょうか。
精子を海外に輸出するというのは各国ルールに従わねばならず、ハードルの高い話です。

クリオスによると、例えばアメリカではドナーを検査する際に、「ジカウイルス」のテストが必須になる一方、イタリアでは感染症検査の際に、コレステロール値など10項目以上の検査が追加されるとのことです。

同じドナーの精子であっても、輸送する先の国のルールによって、テストを追加しなくてはいけません。

では手間を省いて全ての国の基準を満たすような「一括検査」をすればいいのに、とも思いますが、すると膨大なコストがかかって、結果、単価が跳ね上がるということになります。

各国のルールを満たしながら、消費者の手に届く価格にするというのも非常に手間がかかります。

さらに、倫理面から国によって、身元情報を開示するドナーしか受け付けないというところもあります。安全と倫理の面から、様々な国の判断があり、その非常に煩雑な手続きをクリアしてでも成長してきたというのは、裏を返せばそれだけ「精子バンクへの需要が高い」ということが言えるのではないでしょうか。

2020年、クリオスから精子を個人輸入した日本の利用者は150人を超えました。新しい時代の選択を、当事者だけでなく、社会を作る私たち一人一人もしっかりと考えないといけないと感じます。

動いた時計の針はもう止められないのだから。
意外に少ない。記事にどうして少ないのかという背景も書かれているが、遺伝子という観点を考えると集中しやすいとも言える。
まだ世の中で広く普及しているわけではないと思うので、遺伝子上のリスクはマクロ的には低いように思う。ビジネスとしては妊娠したいから利用するのであって、妊娠しやすい精子の研究や洗濯は重要だと思う。一方で長期的に常識も広がっていけば、種の多様性や優生学的思想のバランスももっと議論になっていくと思う。

『今、クリオスには、1000人を超えるドナーが登録しています。
少ないと思われるかもしれませんが、ほとんどの精子バンクは、ドナーが5〜10人以下です。1000人以上というのは、非常に多い数字なんです。』
そうなのか/デンマークでは1983年、出生率が1.38まで低下し、国に人口を増やす対策を取らなくては、という危機感が生まれました。幼稚園・学校の無料化、医療の無料化など複合的な施策が実施され、それぞれ功を奏していますが、その中でも、「不妊治療」が無料になったことも、大きな効果をもたらしました。直近の出生率は、1.73(2018年世界銀行)にまで上昇しました。