2020/11/21

【読書猿】思考がみなぎる「ディープな読書」の技法

NewsPicks, Inc. 公式アカウント
昼間はいち組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる孤高の賢人「読書猿」氏
人気ブログ「読書猿 Classic: between/beyond readers」の主宰者であり、ビジネス書のロングセラーである『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)の著者でもある読書猿氏が、このたび世に問うた新たな代表作『独学大全』(ダイヤモンド社)が、大きな話題になっている。
「あまり賢くなく、すぐに飽きるしあきらめてしまう人たちのために書かれた」(カバーより)という同書は、著者自身が繰り返し経験した挫折の中で身につけた「独学の技法」が55点、網羅されている。総ページ数は実に780ページ超! まさに「知のバイブル」と言うべき一冊だ。
独学でコツコツと、これほどのボリュームの知を積み重ねてきた読書猿氏は、どのような「読書」をしてきたのか? そのエッセンスを伝授してもらおう。

なぜ「読めない」のか、敗因を研究