新着Pick
618Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファイザーのワクチンの続報です。

感染自体を防ぐ効果に加えて、重症者の報告もあり、観察期間に生じた計10名の重症者のうち、9名がプラセボ群、1名のみがワクチン群であったことが報告されています。

また、65歳以上の高齢者でも94%の有効性が確認されたということです。こちらはサブグループ解析なので注意が必要ですが、期待を持たせる結果です。

また、副作用については、日常生活に影響を及ぼすような重度の副作用として、全身倦怠感(3.8%)と頭痛(2.0%)の2つが頻度が高かったことを報告しています。

データが揃ってくると、それぞれのワクチンのデータ比較が出てきそうですが、対象者の背景情報に違いがあるため、バイアスが大きくかかってしまうことに注意が必要です。データの単純比較はできません。

プレスリリースはこちら。
https://www.pfizer.com/news/press-release/press-release-detail/pfizer-and-biontech-conclude-phase-3-study-covid-19-vaccine
とりあえずは朗報と言えそう。
長期的なリスクを指摘する意見もあるが、それはすべての治療法や予防法に言えることであり正しい手順を踏んで認可されればまずはいいだろう。検証はそのあとしっかりと。

後にこれがコロナ対策の転換期になった、となるといいんだが。将来振り返って「ここの約2年の世界ヤバくない?」となっていることに期待。
メッセンジャーRNAを使ったワクチンは本当に画期的なのだと伺えます。こうした朗報が伝わると同時に感染拡大が急激に進み、何か因縁めいたものも感じます。ファイザーのワクチンはマイナス70度以下での保存が必要とされ、そのデリバリーが懸念されています。それに比べてモデルナのワクチンは通常のインフルエンザワクチンと同等の保管でよいとされ、商品力としはモデルナが勝るのでは、と推測します。ただ、こうした競争が起きるのは歓迎すべきことです。ワクチンによって世界がコロナトンネルから抜け出すことを願います。
mRNAワクチンがこれほどまでに早い期間で実用化する見込みなのは新型コロナパニックのお陰であるのは間違いなく医学の進歩には物凄く重要なことなんだけど、正直安全性に関しては過去に類を見ない大規模な人体実験な感じですね。治験バイトくらいの感じで、まあ私は打てるようになったら試してみますけど。
これは文字通りの朗報。
やはり、コロナ禍を克服するのは人類の叡智しかない。
科学の力(ワクチン開発)と理性の力(感染を回避する行動様式)
は、その両輪だと改めて感じ、誇らしく思います。
朗報ですね。今後とはいえ人々が動き回ることが安全になるために、どのように国境を超えて接種情報を共有していくかが大切ですね
とても明るいニュースです!

にも関わらず、米国株が終了間際に急落したのは何故でしょう?

もともとバブル相場だったので、売りが売りを呼んだのでしょうか?
ファイザーが開発中の新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、発症を防ぐ有効性が95%だったとする臨床試験の最終結果を発表しました。「数日中に米食品医薬品局(FDA)へ緊急使用許可を申請する」とも。

"Pfizer Plans Filing as Vaccine Proves 95% Effective"
https://bloom.bg/32WbWKl
コロナワクチン有効性95%。米ファイザーが最終結果。数日中にFDAに緊急使用許可を申請。これはかなりの効果ですね。モデルナもこちらもmRNA。mRNA時代到来ですね、まさに科学の勝利!
良い結果が続々と出てきますね。問題はどのようにしてたくさんの人に接種していくかです。
マイナス70~80度で保管しなくてはならないとなると発展途上国で利用するのは難しくなります。
次はどのように広めていくのか仕組みづくりが必要です。

業績