新着Pick
764Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的に、壮大なビジョンを掲げて大胆な方法や着実な施策で歩みを進める出雲さん、永田さんのファンです。
ファンだからこそ毎四半期IR資料を拝見している素人目線としては、以下の点に注目しています。

(1)ヘルスケア(健康食品)事業において、短期的な新規獲得のための広告費に頼らず増収と利益創出を両立させられるのか
(2)バイオ燃料は既存燃料に対してコスト競争力のある価格を実現させられるのか
(3)コロナ禍において航空需要が激減する中でそれに代わるバイオ燃料の使途を確保できるのか

-追記-
3年前に以下のような記事も出ていますが、空売り屋のレポートよりもNPのコメント欄の方が参考になります。

「ユーグレナ株が下落、空売り調査会社のリポートで標的に」
https://newspicks.com/news/2013203/
バイオ燃料に多額の税金が投入されるようにならないと難しいと思う。なのでロビー活動の成否が鍵。
ユーグレナは、自社が提供する課題解決を、これからの社会で活躍する若者の意見を反映したものとする必要があるということで、15歳のCFO(最高未来責任者)を発表したばかり。同社は健康だけでなく、環境も重要なミッションとしています。

航空業界の支援に気候変動対策の条件をつけるグリーンリカバリーや、「飛び恥」、各国の「CO2排出実質ゼロ宣言」に伴い、航空業界のリニューアルは待ったなしとなっています。

ほかの植物と比較して広い面積を必要としない、スギ・ヒノキの二酸化炭素吸収率30倍の吸収率をもつユーグレナは、多くのポテンシャルを持っています。一方で培養コストに多くの藻類バイオ燃料が課題を持っているのも事実。ユーグレナはバイオ燃料専業ではなく、ユーグレナ飲料事業があるからこそ、(多くの頓挫してしまっているプロジェクトと違い)生き残っているという視点もあると思います。日本発の新たなバイオ燃料として世に普及するよう、応援したいですね。
昨日オンラインでインタビューを受けました。
ユーグレナさんは健康食品のイメージが強いかもしれませんが、バイオ燃料で気候変動問題に貢献することをずっと掲げてこられた(ている)と私は認識しています。
エネルギー転換を進めるには、いま我々が使っている化石燃料より、品質・コストの面で劣後しないものに仕上げる必要があります。もちろん化石燃料の環境外部性(たくさんのCO2や大気汚染物質を排出する)の分を適正に評価したうえで考えるべきですが、だからといって、今使っている燃料の10倍、100倍のコストだったら買いますか?と言われると一般的にはとても厳しい。
ですので、コストを安く、安定的に供給できるというのがとても大事です。

ユーグレナさんには、日本発のバイオ燃料としてぜひ成功してほしい。
NEDOの事業にも採択されて、5年で数十億規模の助成金を確保との報道もありました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/729913a1c6e3d1e5997124b89580c0d50c718376
我々日本国民としても、一日も早い成功を待ってます!
一つミドリムシが解決できるかもしれないのは、原油からの「連産品」という問題。
ガソリンだけを原油から単独で生産するのは難しく、原油を精製してガソリン生産するのと同時に、灯油、経由、重油、ジェット燃料、ナフサなど一連の連産品が同時に生産されてしまうという問題があります。

つまり、これから電気自動車に変えてガソリン車を減らしましよう、とした時にじゃーガソリンはいらないね、とはならず、飛行機を飛ばすためにはやはりまだジェット燃料は必要だとなれば、そのジェット燃料の生産のために同じ量の原油が必要になり、同じ量のガソリンが無駄に採れてしまうという問題が起きます。

その点、ミドリムシからはナフサ、ディーゼル、ジェット燃料が生産されますが、その比率はミドリムシごとに異なるそうです。つまり、ジェット燃料を生産したければ、ジェット燃料の比率の多いミドリムシを培養すればよく、必要のない油を余計に生産してしまうという呪縛から解放される可能性がありそうです。まさにユーグレナが今やっていることはそのことで、このジェット燃料の比率の大きいミドリムシに特化して培養しているようです。

ここでも指摘されていますように、現時点では価格の問題が大きな壁になっているようですが、近い将来本格的にガソリン車が激減した時に無駄になるガソリンのコストも考慮すると、この連産品の呪縛から解放されたミドリムシの可能性は非常に大きいように感じます。

日本からのイノベーションで世界のエネルギー問題を解決する日を楽しみにしています。
新しいあるべき未来、もしくはあってほしいと願う未来に向けて
信念を持って投資し事業を作ろうとしているユーグレナに
ベンチャースピリットを学びすごく力をもらう。

事業の成功の可否は早すぎても遅すぎても良くないと言われる。
そのタイミングについては最終的に後から振り返ったときしかわからない。
自分の決断と思いを信じ続け行動し続ければ
それがあるべき時であればきっと色々な政策含めて追い風になっていくだろう。

オリンピックに挑戦する選手を応援するような気持ちで
ユーグレナのようなベンチャースピリット溢れる会社を
応援していきたい!
社会課題を解決する企業・事業は、短期的ではなく長期的な視点で評価されるべきだと思います。
まだ改善する必要はありますがESG投資のような、長期的な視点で評価される仕組み・仕掛けが必須だと思います。
経営陣の「人としての魅力」が最高の会社。
官民含めてサポートしてくれる人たちが増えてくれば、どんどん成長していくのではないかな。
応援し続けたい会社です。
ユーグレナは壮大なロマンですね。世界を変えることができる技術が日本から生まれることを強く願います。
ユーグレナで飛行機が空を飛ぶなんて凄すぎます。なんとか頑張って頂きたい。
日本発ベンチャーが、世界の危機を救うことに貢献できそうなのだから、応援しなくては。
彼は、農学部の星でもあります。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社ユーグレナ (英語: euglena Co.,Ltd.) は、東京都港区に本社を置くバイオベンチャー。藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等を展開している。 ウィキペディア
時価総額
767 億円

業績